2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

旅行・地域

2010年7月 2日 (金)

塩ビのカバーでパスポートの写真が消えた!

 更新のため、数年使っていなかったパスポートを引っ張り出してみて驚いた。パスポートの写真が薄れて、人物の識別ができないくらいにボケボケになってしまっている。

 表紙の感触が少し柔らかくなっているので、つけたままにしてあった安物の塩ビ(PVC)製パスポートカバーから可塑剤が移行したらしい。写真が消えかかったのも、可塑剤の影響だと思われる。

 パスポート更新の窓口で聞いたら、新しいパスポートではICメモリに写真データも入っているから大丈夫ではないかと言われたのだが、日本の入出国窓口ならともかく、データを読み出す機器がどこにでもあるわけでなし、やっぱりまずいだろう。

 実際の画像はこうなっている。デジカメで撮影して、何も加工していない。

Passport

 どう考えても入国許されないよね。

2009年8月18日 (火)

思い出の竜宮城

 べつに色っぽいハナシでもない。
 小学校低学年の頃の遠足の行き先に、乙姫様とか浦島太郎とかの巨像がある場所があって、その像の強烈なイメージが30年以上たった今でも残っている。どういうわけだか、遠足で行って以後、二度と行ってない。思いついてWebで調べてもほとんど何も出てこないので、あらためて行ってみた次第。

 場所はこのへん

池の中に立つのが乙姫の像。
たぶんコンクリート製で高さは10メートルくらいあるか?
Dscf0045

アップ。背中と頭に龍がついてる。
Dscf0047

正面アップ。巨大ロボみたい。ミサイルとかレーザーでも出しそうな。
Dscf0028

もちろんペアの浦島太郎もいる。高さは3mくらいか。
遠足の時にこの亀の首にまたがったりした記憶がある。
もちろん子供なので「見てくれオレの亀頭~」なんてことは言わなかった。
Dscf0044

稲荷神社なので、お狐様がいるのだが、燈篭に巻き付いた龍がお狐様を狙っている。
Dscf0035

燈篭を裏から見るとこんな感じで、もう何が何やら。
Dscf0042

燈篭の火袋の部分。七福神でしょうな。
Dscf0036

神社の由緒。今回初めて読んだのだが・・・鎌倉時代に大きな稲荷神社があったと言われたので再建してみたのだとか。輪中の中の微高地にできた集落の外れという場所になるので、そんな立派なものがあったとは思えないんだが。その他もろもろ、思うがままに書き連ねたという感じ。
Dscf0046

実家の親父に聞いてみると、この近くの土建会社の社長が趣味で作ってしまったらしい。
土地の有力者なのでやりたい放題というか。

観光地でもないので売店も無く、見物人もまずいないだろうからゆっくり見ることができる。妙なモノが見たい人は、行ってみてはどうだろうか。
ただし、強烈な印象から私のように後々夢に見るようになっても責任は取らない。まぁ、今みたいに刺激の多い時代なら、どうということはないだろうけれど。

2009年8月 3日 (月)

アルファリゾートトマムに行ってきた

 北海道のトマムにあるリゾート施設。バブルがはじけた後のゴタゴタで倒産しかけ、再建途上にあるとかいう事情はWikipediaで読むことができるのだが、実際に見てみるとバブルの遺跡みたいな感じで、なかなか感慨深い。

 泊まったのは高層ビルのタワーだが、他にたくさんある低層棟のホテルは多くがいまだ閉鎖状態。営業しているタワーも、遠目には普通なのだが、細かいところまで手入れが行き届いていない。エントランス周りのタイルや大理石がはがれているのが放置されている。トタン葺きのところは、継ぎ目のところがくまなく錆び付いているのが目立つ。ロビーのガラス窓の外に、一カ所だけだが大きな蜘蛛の巣。1階にある店舗も夜しか営業していないところが多く、ちょっと早めに着くと薄暗く、さびれた感をいや増している。ロビーのトイレにはいると、BGMが流れているのはいいのだが、かなり暗いうえに内装が古くさく安っぽい。温水プールに行ったが、屋外ジャグジーは、表示はあるものの雑草が生えてる。レストランは、コンクリート打ちっ放しの太い柱があるのだが、バブル期の粗悪なコンクリートによくあるような大きな補修の跡があるのだが、補修に金を掛けていないせいか、補修したことがまる見え。レストランに行く通路は、合板に絨毯を敷いてあるのだが、歩いたときの音がベニヤ合板そのもので、とにかく安っぽい。車で行ったのだが、案内表示が不親切で、エントランスに乗り付けていいんだか分からない。広大な敷地の中にある施設間の移動はバスが運行されているのだが、普通の路線バスの中古みたいな車両で、高級感ゼロ。

 まぁ、とにかく問題だらけの施設なんだが、バブルの最盛期にはどんなだっただろうかと思いを馳せながら利用してみると味わい深いだろう。バブルの記憶がある人は行ってみるといいと思う。ただし、運営コストは今でも絶対的に高いのだから、宿泊費が高いのは覚悟しとけ。

2008年4月 4日 (金)

赤坂サカスに行ってきました

最近話題の赤坂サカスに家族連れで行ってきました。

TBSのロビーに臨時で設置されているイベントに行ったのですが、そのイベントもキッザニアに通じるところがあるものの、いまいちショボく、周辺のレストランなども、これといって特徴があるわけでなく。

イベントで屋台が出ていたのですが、TBSの系列局の協力でしょうか、日本各地のラーメンやらなんやらが並んでいたものの、こちらもいまひとつ。

わざわざ行くほどでもなかったなという感じです。小さい子供を連れて行くような所じゃないですね。