2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

携帯・デジカメ

2011年12月16日 (金)

Windows Phone を食わず嫌い

 スマートフォンを使っていると言っても、ほとんどがブラウザとメールで、あとは音楽プレーヤに天気や株価のガジェット、PDFやテキストファイルなどのビューアを少々。

 こんな程度なので、AndroidだろうがiPhoneだろうがWindows Phoneだろうが目的は達成できるのだが、好き嫌いの点で受け入れられないというところはある。

 iPhoneってのは、使った感じがMacなんかと同じでいかにもAppleらしいのだが、そこがどうもそりが合わない。なんだか窮屈。そういった実体験があるので、自分ではiPhoneを使う気になれない。

 Windows PhoneはiPhoneよりユルイんじゃないかと思っていたのだが、メトロインタフェースを見ていると、なんだか落ち着かない。マイクロソフトのサイトの説明を見ていても、だんだん息が詰まりそうな感じになってくる。Windows Phoneはこう使わなきゃ絶対許さないぞ、と設計者に脅迫されてるかのように。

 Windows Phoneにはまだ触れてもいないのだから、これは妄想に近いんだろうと思うのだが、既存のものとは大きく違う新しいスタイルのインタフェースのせいで、なんとなくとっつきにくそうだという印象を持たれたりはしないだろうか。PCのWindowsみたいにスタイルを選択できればいいのに。

2009年4月24日 (金)

携帯電話の出荷が過去最低の3589万台、って十分多いんじゃ?

2008年度の国内携帯電話の出荷台数が3589万台で過去最低だとか。

だが、一人一台持つとして3年ごとに買い替えるなら、ちょうどいい数字じゃないか。ふつうに使えば3年くらいもつもんだし、あんな高いもんを短期間で買い替える方がよほど異常だ。

メーカーとしては、出荷台数が以前のレベルまで増えるのを期待するのではなく、現在のレベルでも存続できるように工夫すべきだろう。

2008年10月29日 (水)

auの新端末はふつうに欲しくない

 最近不調と言われるauが、秋の新端末を発表した。きっとあれこれ工夫はしたのだと思うのだが、ありふれたふつうの端末が欲しいと思って見ると、どれも気に入らない。
 ほとんどの人が持つような製品になったのだから、ふつうの人がすんなり受け入れられるような製品を用意することも必要なんじゃないだろうか。なんだかユーザを見失っているような気がする。

 auを使い続けて6年になるが、今のままの製品作りを続けるなら、次の買い換えの時には、間違いなく他社に替えるだろう。ま、2年は先なので、どうなってるか分からんけどね。