2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

携帯電話

2017年7月15日 (土)

WG1200HP/HS の無線LANアクセスポイントをそろそろ捨てよう

 自宅はふつうの木造2階建て住宅なのだが、家の中のあちこちで無線LANを安定して使いたいので、複数の無線LANアクセスポイントを設置している。いろいろ歴史的な経緯から、すべてNECのものになっている。

 以前は、NECのWG1200HPとWG1200HSを使っていたのだが、スマートホンをXperia Z1に買い替えたときに、5GHz帯で通信が止まってしまうパケ詰まりが頻繁に発生することがあって、WG1200HSをWG1800HP2に買い替えた。WG1200HPでもパケ詰まりは発生するのだが、WG1800HP2では問題なく通信できるようになったし、Xperiaの方に原因があるかもしれないし、5GHzをオフにして2.4GHz帯を使うようにすればとりあえず不都合は無いしということで、まぁいいかという感じで。

 そのまま忘れていたのだが、Xperia Z1が古くなったので、Huawei P10 liteに買い替えて思い出させられることとなった。スマホのメーカーが変わったんだから、今度こそフルに使えるんじゃないかと期待したわけだ。
 ところがP10 lite をセットアップしてみると、WG1200HPの5GHzでまったく同じパケ詰まりの症状が出た。複数のメーカーの端末で問題を起こすのなら WG1200HP/HSの方がポンコツなわけで、そんな不良品を家の中に放置しておくわけにはいかんのである。

 買い換えるなら、後々のトラブルシューティングのことを考えると、すでに使っているWG1800HP2とは別な機種にしておきたいところ。しばらく情報収集をしてから機種選択する。

 パケ詰まりの症状だが、アナライザを持っているわけではないので、原因を確認しようがない。とはいうものの、無線の接続自体が切れてしまうなら他の親機に切り替わりそうなものなのに、接続したままで通信のタイムアウトが発生している。無線LANの接続は維持されたままで、親機の内部でパケットが消失していると思われる。
 スマホ側の無線LANのアイコンを見ていても、何度か再送信をしているが応答が返ってこないように見える。いったん親機との接続を切って、他のアクセスポイントやLTEに切り替えたあとで再度接続をすると、通信は復活する。

 これは単なる想像だが、親機の中で無線LANの個々の接続を管理するデータに異常が起き、特定の接続に対して有線LANや他の接続にパケットを転送する処理が止まってしまうのだろう。いったん接続を切ると、異常のあったデータが削除されて復帰すると。
 異常の起きるきっかけが何かは分からないが、規格の解釈のズレによって管理データに矛盾が起きてしまうことはありそうな話だ。

 最近の安価な無線LAN機器では、コストダウンのためにこういった処理をハード化して1つのLSIの中に入れてしまっているだろうから、対策は困難にちがいない。高機能な上位機種ならプログラムで制御する部分も多いだろうから、エラーを検出して対策をするファームを入れることも可能だが、ハード処理に比べると性能が低下する可能性がある。安価な下位機種なんかじゃ、まったくもって対策不可能だろうな。

 通信機器では、規格のあいまいなところは大昔から不具合の温床だった。だが、解釈のズレによる不具合を相手のせいにするのは素人のすることで、想定しうるズレをぜんぶ引き受けてどんな相手とでも接続できるように作るのが本当のプロだと言われていた。

 安価なOEM製品を右から左に転売するだけの商売になってしまっているとしたらどうしようもないが、どこかに少しでもそういったプロの技術者を育て続けている文化が残っていたらいいんだけどなぁ。

 

2017年7月 9日 (日)

スマホを Xperia Z1 から Huawei P10 lite に買い替え

 これまで docomo の Xperia Z1 を使ってきた。主に情報収集と連絡手段が目的で、たいして重いアプリを使っていないせいで性能に不足を感じていないのだが、OS が Android 4.4 KitKat のままではセキュリティに不安があるし、一部のアプリの振る舞いが怪しくなってきたので買い換えることにした。

 できれば国内メーカーのものを買って応援してやりたかったところだが、たいして高い条件を望んでいるわけでもないのに適当なものがなくて P10 lite になってしまった。

 これから3年くらい使うことを想定すると、OS は少なくとも Android 7.0 以降が必要。OS の更新期間が短いキャリア端末だと、今の時点で Android 6.0 のものは不可。

 RAM容量は、今の時点で 2GB ではそろそろ窮屈になってきそうな感じがしているので、3GB は欲しいところ。

 サイズは 5.2インチがベストだが、5.5インチまでなら許容できる。

 画面の画素数は、表示するテキストの見やすさからフルHDは欲しい。

 CPU性能は、Xperia Z1 で満足していたくらいだから、ミドルレンジで十分で、価格もミドルレンジであるべき。

 などと条件をつけると、キャリアの端末は高価なハイエンドしか残らないので却下。SIMフリーでは、VAIO Phone A が良さそうだったんだが、5.5インチと大きいのと、VAIO のOSの更新に対する姿勢がはっきりしないのとで見送り。

 検討範囲を海外メーカーに拡大すると、発売されたばかりの Huawei P10 lite は端末のスペックは希望条件にマッチしていて、わりと評判も良さそうだった。中国メーカーであることにためらいを感じつつも、購入を決定。

 乗り換えてみた結果は、これといって不満はない。国内メーカーはハイエンドで利幅を取ることを狙っているのかもしれないが、こういうミドルレンジで使い出のある端末を揃えていかないと、競争上はまずいんじゃないかなと思う。

2013年11月23日 (土)

EneMax のマグネット充電ケーブル

 Xperia Z1用のマグネット充電ケーブルを買い足し。余分にあって困るもんでもなし。

 EneMaxのものを買ってみたのだが、充電はちゃんとできるものの、接続したときのコネクタの据わりがよくない。平面でピタッとくっついた感じじゃなくて、点接触でグラグラしてるような不安定さ。

 電極部分をよく見てみると、電極の周囲の樹脂部分に対して電極が同じ高さかほんの少し飛び出してるように見える。

 Xperiaの付属品の卓上ホルダの電極は樹脂部分よりかなり引っ込んでいる。これに比べるとEneMaxのケーブルは電極が飛び出しすぎてて、マグネットがしっかりくっつかず接続したときにグラグラするのだろう。

 EneMaxのケーブルはi-Beansから買ったものとそっくりなのだが、電極ピンの高さが違っている。別の製品と言うより、単なる個体差だという気がするが。

 充電はできるので不良品というわけではないのだが、なんだか安物という感じ。きっと個体ごとに電極ピンの高さが違ってたりして、当たり外れがものすごくあるんだろうな。

Xperia Z1 の車載ホルダー その2

 近所のオートバックスで見つけたセイワのホルダーが気になったので、買って試してみた。

 適度にダンパーの効いたアームが移動して、ゴムのバーが4点で軽くホールドする。スマートフォンを置いてバーを押し下げるだけで簡単に固定できるのがいい。それでいて、ゴムの摩擦力があるので、走行中に勝手に外れてしまうようなことはない。充電コネクタや電源ボタン、音量ボタンなどとの干渉もない。

 前に買ったARKONのものに比べると、アームが短いので走行中に振動が増幅されて表示が見にくくなることがない。台座のゲル吸盤も大きめで固定しやすい。

 ただ、スマートフォンを横向きに固定する場合でもバックプレートは縦向きのままなので、スマートフォンの上にバックプレートがちょっと飛び出すような形になって、ちょっとブサイク。
 NAVITIMEのドライブサポーターを横画面でしか使ってなかったのだが、ホルダーに合わせて縦使いしてみようか。

 ARKONよりも安くて入手性がいいのが○

11/24追記
 Xperia を縦向きに取り付けてみたが、Z1はでかすぎてフロントの視界を遮ってしまう。横で使うしかない。

2013年11月 9日 (土)

Xperia Z1 のマグネット充電ケーブル

 車の中や外出時のために、Xperia Z1 のマグネット充電ケーブルを買った。

 最初はサンワサプライのが出るのを待とうかと思っていたのだが、発売が11月末になるとか寝ぼけたことを言っているみたいなので、すぐに入手できそうな Amazon に出ている i-Beans のものと Pocketgamesのものを注文。

 i-Beansのものと Pocketgamesのものは、外見上はほとんど同じなのだが、マグネットコネクタ部分の電極まわりの樹脂の成型に微妙な違いがあって、Pocketgamesのものの方がしっかりはまった感じがする。充電自体はどちらも問題なくできるのだが、カッチリ感でPocketgamesのケーブルの方が勝ち。

 マイクロUSBコネクタをマグネットコネクタに変換するアダプタも両方から買ってみたのだが、これはどっちも失敗だったと思う。横方向に長く出っ張るせいで、少しでもケーブルに力がかかるとマグネットコネクタが簡単に外れてしまうので、充電時はそっと置いておかないといけない。マグネット充電ケーブルの方は横に出っ張らないので、少しだけ外れにくく使い勝手がいい。これに関しては、サンワサプライの長さ10センチの変換ケーブルが早く出てほしいと思っている。

2013年11月 6日 (水)

Xperia Z1 に液晶保護フィルム

 前に使っていた Galaxy S3 は、液晶保護フィルムを貼らずに裸で使っていた。

 ゴリラガラスなので傷に強いだろうからというのはあったのだが、正直に言えば最初に貼ろうとしたんだけど何度やってもホコリが入ってしまって面倒になり、その後は放置していたというもの。

 その後どうなったかというと、1年くらいしたところで小さな引っ掻き傷が1つできてしまった。ゴリラだろうがトカゲだろうが、強化ガラスだって傷はつく。

 Xperia Z1 は防水なので、シャワーで流せばホコリは簡単に取り除けるから、保護フィルムが貼りやすい。なので、今回は保護フィルムを貼ることにした。

 まず Deff のガラスのを貼ってみた。すべすべして使い心地は良かったのだが、厚みがあるので充電クレードルに収まりが悪い。どうしようかと思っているうちに、1日半たったところでもう傷がついていることに気がついた。手荒に扱ったおぼえはないのだが、いつのまにか大きな引っ掻き傷がついていた。ガラスで超硬度といっても、ダメなときはダメだ。

 やっぱ普通の安いのを次々貼り替える方がいいやってんで、ラスタバナナの「スーパーさらさら高光沢タイプ」に貼り替え。防水で貼りやすいのがここで効く。フィルムが薄くなったので、充電クレードルにも普通に入る。使い心地もわりといい。

 次はどのフィルムにしようかな。

2013年11月 3日 (日)

Xperia Z1 の車載ホルダー

 Xperia Z1用の車載ホルダー探し。

 Xperia Z1は電源ボタンや音量調整ボタン、マグネットの充電コネクタが両側の中央付近に集中している。NAVITIMEのドライブサポートアプリを使っているので充電は必須で、防水性を犠牲にしたくないからマグネット充電コネクタを使うためにホルダーの固定部分と干渉しないことが必要条件。

 スマートフォン用の車載ホルダーは両サイドの中央付近を挟んで固定するものが多いので、なかなか条件に合うものが見つけられない。

 これまで使っていたGalaxy S3は、電源ボタンと音量調整ボタンが上寄りについていて、充電は下端のUSBコネクタからできるので、車載ホルダー選びは簡単だった。

 試しにGalaxy S3で使っていたホルダーで試してみたが、電源ボタンや充電コネクタを避けようとすると挟む位置が端っこに寄ってしまって安定しない。

 Googleで検索したあちこちのサイトを巡って見つけたのが、ARKONの車載ホルダー。上下で挟むので、Z1のボタンやコネクタとは干渉しない。amazonから購入して実際に装着してみると、しっかり挟み込んで十分安定している。

 マウントはゲル吸盤式だが、ゲルの部分が小さくて指で直接押さえて密接させにくい構造になっている。ウチのクルマは硬質プラスチックの表面にシボ加工がしてあるのだが、最初のうちはうまく吸着させることができなくて、両面テープで固定するベースプレートを使っていた。しかし、数秒間グリグリとこすりつけるようにするとゲル吸盤が密着して吸着力が上がることが分かったので、プレートは剥がしてしまった。

 残るはマグネットの充電ケーブルだけなんだが、いつになるかねぇ。

2013年11月 2日 (土)

Xperia Z1 に機種変更

 Galaxy S3 から Xperia Z1 に機種変更した。

 Z1はでかいよな、と思っていて見送るつもりだったのだが、店頭で実際に S3 と比べてみると考えていたより違いはなくて、これなら行っちゃおうかということで。

 クーポンとかは来てなくて、ほとんど表示価格のまま。ジジイになったので、そのあたりはあまり気にしない。それでもオプションサービスの詰め合わせによる 5,000円引きは付けてもらった。S3 を買ったときには無かったサービスが多かったから、なんとなく興味があったし。

 帰宅して、さっそくオプションアプリを片っ端からチェック。

 真っ先にチェックしたNOTTVは、番組が少ないうえにつまらないものばかりだったので即座に解約。

 dビデオ、dアニメストア、dヒッツも、提供されているコンテンツが興味のないものばかりだったので解約。

 おすすめパックは、iコンシェル、スゴ得コンテンツ、クラウドストレージがセットになったものだが、iコンシェルは嫌いだしコンテンツはたいしたものが無いしクラウドは無料のSkyDriveなどで間に合ってるしで、これも解約。

 あんしんパックは遠隔サポートなんかいらないんだが、紛失時の補償サービスは以前から使っていたので、どうしようかと思案中。

 結局、ドコモのサービスはあんしんパックを除いて即日すべて解約。

 他社のサービスとしては、電子書籍のyomel.jp、音楽のmusic.jp、セキュリティの ViRobot Mobile の3つが入っていたが、これも内容を確認してつまらなさそうだったから月末を待たずにすべて解除。
 解除手続きのためには他のところで新たにアカウントを取得しないといけないという防止線が張られているが、そんなもので止められはしない。
 最後に「Xヶ月は継続して利用することをお願いしています」とか泣き言をぬかすのだが、そんなの聞いてねぇよってんで、容赦なく切り捨てた。

 つまるところ、機種変更で入れた新しいサービスは、すべて即日解除してしまった。後回しにしてると面倒になるから、新しいおもちゃを手に入れたときの高揚感のあるうちにやっちゃうに限る。 

Galaxy S3 の電池の持ちが良くなっていた

 夏ぐらいからだろうか、Galaxy S3の電池が長持ちするようになっていた。

 ふだん使っている状態でバッテリーの消費速度が減ったというのではなくて、待機状態にあるときの消費電力が改善された感じ。

 原因はおそらくドコモのアプリがアップデートされたからだと想像している。なにより、ドコモ電話帳サービスがほとんど動作しなくなった。アプリがちゃんと改善されたのか、あるいはドコモメールへの移行が近づいたから、最後くらい印象を良くしようとして処理をあれこれ削除しちゃったのか。

 最初からこのくらい行儀が良かったら、ユーザが怒ることもなかったろうにね。

 とりあえず Xperia Z1 に買い換えちゃったので、もうどうでもいいんだけど。

 Xperia Z1 は、使用中は画面がでかいだけにそれなりに電池が減るんだけど、待機時の減りがとても少ない。S3 に比べると別次元という感じがする。

2013年3月12日 (火)

Galaxy S3 でドコモ電話帳サービス退治

 普通の人のユーザ体験を知っていたくて、これまでGalaxy S3でもあれこれいじったりせず、普通の人ならこうするだろうという程度の使い方を心がけていた。

 ところが最近になって電池のもちが極端に悪化してきて、アパートでWiFi接続で放り出しておいて朝夕に5分くらいずつメールをチェックするくらいの使い方しかしていないのに、朝の満充電から夕方には残容量が50%以下に低下するようになり、我慢がならないので対策をすることにした。

 Battery Mixを入れて監視してみると、電力消費の3分の1くらいがドコモ電話帳サービスになっていることが分かった。アプリの設定から無効化しようとしても、ボタンがグレーアウトしていて設定できない。

 とりあえず電話帳のデータをSDカードにエクスポートしておいてから全削除。「連絡先」のアプリで保存先がGoogleになるようにインポート。電話帳サービスのアカウントを削除しようとしたら端末をリセットしないとダメだとぬかす。じゃあってんでリセットしてみたが、削除できなかった。ドコモの嘘つき。

 電話帳サービスは無効にできなかったが、ついでにiコンシェルなどドコモ系のアプリを無効にしたりホーム画面をTouchWizにしたりなど、ドコモ色を排除。

 たぶん電話帳の保存先をGoogleにしたのが効いて、ドコモの電話帳サービスは起動されるものの実行されることはほとんど無くなり、Battery Mixにも表示されなくなった。これで、朝晩のメール確認だけという使い方での消費電力は1日あたりバッテリー減が20%程度になった。まぁまぁかな。

 しっかし、よくもまぁこんなユーザのためにならないできの悪いソフトを入れてくるもんだね。顧客第一なんて大嘘だね。技術者としてのプライドとか無いのかね。

<2013/5/12 追記> ちなみに、SPモードのメールがメールボックスに残っていると電話帳サービスの消費電力が上がるので、ゴミ箱を含めてメールは一切残さない様にしている。保存する必要のあるメールはGmailなど他のメールサービスに移行していて、spモードメールは補助的にしか使っていない。spモードメールは、仕様がひどすぎて使うなと言わんばかり。ドコモはこういうところを早いとこ改善しないと、お仕着せサービスからいったん離れたユーザは戻ってこないぞ。

より以前の記事一覧