2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

花粉症

2017年3月23日 (木)

花粉症と咳喘息

 いろいろな花粉に反応するせいで、1年のうちのかなりの期間で花粉症治療をしている。最近は仕事を替えて通勤せずに済むようになったおかげで、花粉症薬を服用するだけで症状を抑えきることができるようになった。
 用があってたまに外出すると症状は出るが、社会生活を営むうえではしかたのないところではある。

 花粉症はそんなぐあいで無事にやり過ごせるようになったのだが、花粉症シーズンのあいだに年に1度か2度、咳喘息のような症状になることがある。
 症状の出始めは花粉症がひどくなったのに加えて微熱が出るくらいだが、熱が下がったあとにしつこい咳が残り、放置すると半月たっても治らない。

 このときの咳は、夜に布団に入って横になると悪化する。腹筋が筋肉痛になるくらいにひどく咳き込むので、睡眠不足になるくらい。耳を澄ますと、息を吐ききるくらいのタイミングで、気管の奥のほう、胸の真ん中あたりでゼーゼー音がする。つぶつぶと泡がはじけるような音のこともある。気管支が腫れて細くなっているということ。
 ゼーゼー音がしたタイミングで咳の反射が起きるみたいで、大きく息を吸って吐ききらずに呼吸をしてると咳が出ないのだが、そんな意識的な呼吸動作は眠りに入ると続かなくて、呼吸が浅くなり咳き込んでしまうという繰り返しになる。

 つらいので医者に行くと、毎年のことで「いつもの症状です」と言ってるのに、最初はなぜだか普通の咳止め薬くらいしか処方してくれない。診察されるときには咳が止まっているということはあるけれど。2,3日して「効かないからなんとかしてくれ」と押しかけると、ようやく気管支拡張薬とかステロイド剤とか出してくれる。ついでに、「このままだといつか本格的な喘息に移行しますよ」とかよけいなことをぬかす。だったら最初から咳喘息の治療しろよと返したいが、専門家には敬意を払う方なので、そういうことは言わない。
 こんなことを何年もやってて嫌気がさしたので、医者に行かずに自分で薬を買って対策するようになった。花粉症薬を個人輸入して使っているという背景もあるが。

 最初のうちは、気管支拡張剤が入っているコンタック咳止めのような市販薬を使っていたが、完全には咳が治まらなくて強く咳き込むことがあるし、症状が無くなるまで2週間以上かかることもあるので高くつく。
 結局のところ、一時的な喘息状態なんだからってんで、喘息の薬を個人輸入することにした。

 ネットで調べると、気管支拡張剤とステロイド剤の合剤を使うのが推奨らしい。自分の経験でも、気管支拡張剤で咳だけ止めても、気管支の奥のヒリヒリした感覚はなかなか消えない。炎症対策も同時にやらないと長引くことになる。
 アドエアジェネリックなどを個人輸入すると1ヶ月分で2千円ちょっと。個人輸入に伴うリスクは承知のうえでのことだが、市販薬より安いし花粉の舞う中を外出する必要もないのでありがたいと思っている。

2014年11月 3日 (月)

アレグラはむちゃくちゃ苦い

 アレグラのジェネリックを試している。トルコの大手製薬企業であるArisの製品だが、アレグラ同様に錠剤がフィルムコーティングされている。

 1錠120mgのものをピルカッターで割って服用しているのだが、フィルムコーティングされているのを割るのは、もしかしたら胃酸の影響があるんじゃないかとか、ちょっとだけ不安だった。アレグラはシロップタイプもあるのでそういった可能性はほとんど無いとは思っていたけど。

 で、あるとき二つに割った錠剤を口に含んでから水を飲もうと部屋の中を移動していたところで、テーブルの上に転がっている物が気になって立ち止まって片付けを始めてしまった。数秒のことだったが、錠剤が舌の上で転がると口の中が猛烈に苦くなってきた。あわてて水で飲み下したのだが、しばらく強い苦みが口に残っていた。

 どうやらフィルムコートの目的は、成分のフェキソフェナジンが猛烈に苦いのを感じさせないようにするためのものらしい。ちゃんと水を用意してから服用しないとダメだね。

2014年10月13日 (月)

アレグラジェネリック

 花粉症っぽい症状が最近続いていて、いい機会なのでアレグラのジェネリックを買ってみた。

 1錠120mgのものを100錠分。ピルカッターで半分に割って朝晩半錠ずつ服用するから、国内の薬局で買えるアレグラFXの200錠分になる。これで2,700円で、アレグラFXに比べると5分の1以下という安さ。

 安いのもうれしいが、2週間分ごとに薬剤師のいる薬局で型にはまった問答をする面倒から解放されるのもありがたい。
 医薬品としてはいろいろ事情があるんだろうけれど、これほどの価格差があるんだから医療費抑制の観点からも何とかしてほしいもんだね。

2014年9月 5日 (金)

岐阜西部でイネ科のアレルギー性結膜炎が集団発生

 岐阜の西濃地方の小中学校でアレルギー性結膜炎が集団発生しているとか。

 イネ科の花粉症らしいが、岐阜県で作付けが多いハツシモという品種は開花時期が8月末から9月初めくらいなので、これが原因じゃなかろうか。

 昔は作付けするイネの品種はもっと多くて、一軒の農家で5品種くらいを栽培していた。品種によって生育時期が異なり、病気や悪天候に対する耐性も違うので、収穫を安定させる効果がある。美味い品種は脆弱で、強くて多収の品種ほどまずいというのが悩ましい。
 品種が違うので、開花時期が分散して花粉の飛散が集中することもなかった。

 米あまりになって銘柄米以外は売れなくなったのと、日本が豊かになって稲が不作になったところで飢え死にする心配はなくなったので、作付けされる品種は人気銘柄のハツシモに集中する。結果として短期間に大量の花粉が飛ぶようになったのではなかろうか。

 自分もイネ科の花粉症があって、強烈な目のかゆみが出る。もう何十年も水田の無い地帯に住んでいるのでこの時期に発症することは無いのだが、最初に症状が出たのは水田地帯を通学していた子供の頃だったと思う。何度も発症を繰り返しているうちに、イネ科の雑草全般に反応してしまうようになってしまった。

 開花期間が短いので短期間で症状は治まるが、かゆみがひどいと目をこすって傷つけてしまうから要注意だろう。親は子供に適切な治療をしてあげないとね。

2014年4月14日 (月)

花粉症で交通事故を起こすと人生破滅?

 ヒノキの花粉がピークになって花粉症の症状が悪化してきているが、そんな中で思い出したのが去年成立した「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律

 悪質で危険な運転で事故を起こしたドライバに対して罰則を強化した法律で、来月あたりに施行されるはずだが、その罰則対象に薬物の影響による事故も含まれている。

 薬物には病気の治療で処方されている医薬品も含まれているが、一般人の感覚では強い眠気などの重い副作用が出てなければいいじゃないかと思いたくなるところだが、事故を起こしてしまったら実際に副作用が出ていたかどうかなんて無視されて、副作用の可能性がある薬を飲んでいたことだけで適用がごり押しされてしまうことだろう。

 最終的に処罰対象でないとの判断が下されたとしても、民事上の損害賠償でも叩かれる危険性がある。損害賠償請求されなかったとしても、「危険な運転」で事故を起こしたことを口実に勤務先を懲戒解雇されるかもしれない。飲酒運転事故で即懲戒解雇する企業が増えているから、杞憂とは言えまい。合理化に励んでいる会社なら、退職金を払わずに人減らしできる絶好の機会と考えるに違いない。

 薬の注意書きに服用時に自動車の運転をしないように書いてあるなら、絶対に運転すべきじゃない。副作用の可能性が小さくて「運転するときは注意すること」なんて書いてある場合も、裁判になったら負ける可能性大だ。

 花粉症の薬では、アレグラには運転に関する注意書きがないが、アレジオンには注意書きがある。なので、自動車を運転するならアレジオンを服用してはいけない。自分はずっとアレグラだったので、アレジオンも少し試してみたかったのだが、この法律があるのでもう試すことはない。

 アレグラの添付文書に注意書きが無いからといって安心してはいけない。
 薬局でアレグラを買うとき、薬剤師が副作用に関する注意を告げることになっているが、服用後異常を感じたら使用しないようにというだけで運転については何も無いのだが、風邪薬で型にはまったフレーズを使っているせいで運転しないようにと言う薬剤師がいたりする。
 ここで面倒なのではいはいと返事してしまうと、専門家である薬剤師が眠気について警告したことを受け入れたということになってしまう。考えすぎだろうが、人生がかかっているのだから用心に越したことはない。

 自分に責任のない事故だったとしても、花粉症で薬を飲んでいたら悪質運転として報道され刑事訴追され、10年を超える懲役になって莫大な損害賠償を請求されたうえに懲戒解雇。もちろん一家離散。なんてことだ。気が滅入るからもう寝よう。

2013年3月11日 (月)

この土日は花粉症がひどかった

 花粉症の症状ってのは、黄砂があると極端に悪化する。この週末もひどかった。歩いて5分くらいの近所のスーパーに往復しただけで、4時間くらい症状が治まらなかった。PM2.5も、それに拍車をかけているんじゃなかろうか。

 黄砂が多いときは、目のかゆみがひどくなる。残念だが、目のかゆみにはアレグラなどの飲み薬はほとんど効果が無い。普段はステロイドの目薬を使っているのだが、かゆみが出てしまうとすぐには効かないので、外出したら必ず目と顔を洗って髪の毛を濡れタオルで拭くことで、目に花粉や黄砂が続けて入らないようにしている。

 最近はこういった一連の行動が習慣になって苦にならなくなったが、そうなる前にはどれかの行動をやり忘れて目が痒くなり、世の中のあらゆるものに呪いを投げつけていたっけ。

 中国の黄土高原の緑化が進めば、こういった苦労の半分くらいは無くなるんじゃないかと思うんだが、今の状況じゃなかなか先に進まないんだろうな。何もできないから、怒りだけは溜めこんでおくよ。

2013年3月 3日 (日)

アレグラが効くかどうかは人によりけり

 花粉症が本格化したせいか、このブログでもアレグラの記事にアクセスが増えている。

 アレグラが市販薬になったことで入手しやすくなったが、時間があるなら耳鼻科で診察してもらって4週間分とか長期の処方をしてもらった方が安上がりだろう。自分は耳鼻科に行くのが面倒なのと、アレグラだけでいいのに他の薬まで処方されて、それを断るのも面倒に感じるから。

 ときどきアレグラと他の薬の効力の強さを比較したりする人がいるが、しょせんは自分の体質に合うかどうかであって、絶対的な効力の違いなんてのはあまり無いと思う。

 私自身は、第一世代のクロルフェニラミンから始まって20年以上花粉症薬を使っているが、どれもそこそこ効果はあって、副作用でどうしようもない眠気が出ることはなかった。だが、薬によっては風邪の初期症状のような微熱やのぼせ感が間欠的に起きることがあって、集中力が低下して仕事にならないことがある。

 副作用が強いと感じたときは薬を変えてもらうのだが、微熱の原因が花粉症と副作用のどちらにあるのか判断がつかないときもある。新しい薬は2週間ぐらい様子を見ないと自分に合ってそうかどうか分からないので、いい薬を見つけるのにも時間がかかる。

 自分に合っていると感じた薬でも、何年か続けているうちに体の反応が変わってくるので、調子が悪いと感じたら、薬を変えてもらった方がいいだろう。新しい薬を試行錯誤するのは、医師の診察を受けて処方をしてもらうのが安上がりだと思う。

2013年2月 6日 (水)

アレグラで今年は3日ほど副作用

 去年まで副作用が無かったアレグラだが、今年は服用を始めて3日ほど微熱と軽い倦怠感が出た。その後はなんともない。

 以前に使っていたアレロックも、使い始めて何年かは副作用が無くていい薬だと思っていたが、何年か続けているうちに服用を始めたときの倦怠感が重く長く続くようになってきて、2年前にアレグラに替えている。

 アレグラもそんな感じになるのだろうか。面倒だな。次はジルテックに替えようか。それがダメになったらどうしよう。3種類をローテションするくらいで勘弁してもらえないかな。

2013年1月26日 (土)

アレグラFX

 花粉シーズンに備えて服用中。

 薬局で購入するとき、薬剤師から眠気が出るかもしれないから車の運転などは注意してくださいという型どおりの説明を受けたが、実際には説明文にも注意書きにも重度の副作用のケースを除いてそんなことは書いてない。念のためということなのか、知識が無いのか。

20130126_072850_3

 それにしてもでかいパッケージだね。箱を開けると中身スカスカで拍子抜けする。2ヶ月分くらい余裕で入りそうだ。

 56錠入りとか出してくれないかな。14錠で1,380円、28錠で1,980円だから、56錠なら3,180円なわけで。

2013年1月23日 (水)

花粉対策・・・アレグラが市販薬になっていた

 そろそろ花粉症の対策を始めないといけない時期になっている。

 転居したので耳鼻科の医院を探さなきゃと思っていたのだが、いつも処方してもらっているアレグラがOTC薬になっていて、薬局で普通に買えるようになっているのに今ごろ気がついた。

 テレビではCMをやっていたらしいのだが、最近はスカパーで録画しておいた映画などを見ていることがほとんどで、地上波放送なんてNHKのニュースくらいしか見てないので、CMにはまったく気がつかなかった。

 それにしてもうれしいねぇ。価格はかなり安めに設定されていて、保険を使って処方してもらうよりちょっと高い程度。4週間分とかになるとさすがに差が大きくなるから耳鼻科に行った方がかなり得になるんだけど、時間を気にするなら市販薬を買っちゃうね。そういう微妙な値段設定というのは、製薬会社が病院との関係を慮ったものなんだろうね。

 一般庶民の立場としては、医療費全体の圧縮を考えるなら薬局で買った方がいいはず。でも、ストレートに自分の出費が減るわけじゃないから、そこまで大局的な見方で行動はできないか。ほんとに微妙な値段設定だ。

 アレグラみたいな副作用の少ない薬は、とっとと2類に格下げして欲しいね。んでもって、通販で激安販売してもらいたい。医療費圧縮で財政健全化するためにぜひ!