2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ
フォト

« 真空調理器でロースハムをボイルする | トップページ | フケ、かゆみはストレスが原因だった »

2017年12月27日 (水)

SATAケーブルが原因でPCのブート時間が遅くなることがある

 PCのブート時間が伸びる原因として、SATAケーブルに問題があるかもよという話。

 朝イチで仕事を始めるためにPCの電源を入れるのだが、電源ボタンを押したあとで机のまわりに掃除機をかけたり机上の整理をしたりしてたので、ブート時間については気に留めていなかった。
 最近になってなんだかやたら遅くなってやしないかと感じたので、思いついて測ってみたらWindowsにログインできるまでに2分くらいもかかっている。これはおかしいってんで、試行錯誤を開始。

 電源投入後の画面を見ていると、Windows10のロゴが出るまでに1分以上かかっている。Windows10のロゴが出た後も、微妙に時間がかかりすぎてる感じがする。

 主原因はBIOSにありそうと考えてBIOS設定をあれこれいじってみるも、まったく効果なし。だいたい1年くらい前にはこんなに遅くなかったのだが、何度かBIOSの更新があったのでどこかの設定値が影響あるかもと思い込んでしまったのが敗因。

 ふと気がついたのが、内蔵のSATAの光ドライブがBIOSレベルでも見えなくなっていること。光ドライブなんてほとんど使わないので、まったくもって気が付かなかった。
 何かSATAのインタフェースで問題が起きているらしいことが分かったものの、とりあえずできることと言えばSATAを接続するマザーボードのコネクタを変えてみることと、SATAケーブルを交換してみることくらい。

 SATAコネクタを変えてみるのは効果なし。SATAケーブルを交換してみたところ、一気にブート時間が短縮されて15秒となり問題解消。

 PCの記憶デバイスは、マザーボード上のNVMe対応M.2 SSDがシステムドライブで、SATA接続のSSDをデータドライブとし、光ドライブも SATA で接続している。
 このうち、データドライブの接続に使っているSATAケーブルが劣化して、BIOSの初期化に時間がかかるとともに、同じSATA接続の光ドライブの検出に干渉することになったらしい。

 SATAケーブルに異常がある状態でも、いったんブートできてしまうとSSDへのアクセスに問題はなかった。SSDのドライバやファームウェアが更新されるごとにベンチマークを取っていたのだが、その数値も変わりが無かったので気がつけなかった。

 問題のあったケーブルはSATA2の規格の古いものだが、規格はたぶん関係なくて、単純に古くなってどこがかが劣化していただけだと思う。たいして高価なものじゃないんだから、こういったトラブルシューティングに備えて、予備のものを持っておくのはいいことだろう。

« 真空調理器でロースハムをボイルする | トップページ | フケ、かゆみはストレスが原因だった »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/66205363

この記事へのトラックバック一覧です: SATAケーブルが原因でPCのブート時間が遅くなることがある:

« 真空調理器でロースハムをボイルする | トップページ | フケ、かゆみはストレスが原因だった »