2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« WG1200HP/HS の無線LANアクセスポイントをそろそろ捨てよう | トップページ

2017年7月30日 (日)

投資のすすめ

 株とかFXなんかの入門書はいくらでも溢れているが、あくまで一般論として資産運用は早めに考えておいた方がいいよという話。

 子供の頃、祖父が証券会社のいいかげんな営業に騙されて損失を出していたせいで、母親からは株みたいなヤクザなものに手を出すなと言い聞かされて育った。そのため、社会人になっても偏見が抜けず、資産運用のことなど真剣に考えようともしなかった。今になって考えると、なんとも残念なことであった。

 ネット証券を利用して株の売買を始めてからもう10年になる。最初の2年ほどは練習のつもりで少額でやっていて損失も出していたが、要領が分かってきてからは、預貯金の大半を証券会社に移して運用するようになった。今では銀行預金は半年くらいまで先に必要になる分しか残していない。もちろん定期預金みたいに資金を無駄に寝かすようなことはしていない。

 初期の勉強期間を除いた運用成績は、わりと堅めの大手企業を中心にしているので低めだが、年利にして1割以上は確保している。運が良ければ2割超え。

 たいした運用金額じゃないから売買に小回りが利く。マーケット全体が危なそうな雰囲気になったときには、資金を引き揚げて数ヶ月でも様子見をする。仕事で蓄積した特定分野に関する専門知識も、銘柄選びにはずいぶん役に立つ。そういった機動性で、プロの投資信託にも運用成績では引けは取らないと自負している。

 大学を出て新入社員になったばかりのときには、そういう世界があることはまったく知らなかった。しっかり働いて給料をもらったら、将来の大きな買い物に備えて貯金するばかり。そんなときに年利10%で運用する方法があることを知っていたら、行動様式は間違いなく変わっていただろう。

 100万円を銀行口座に置いといてもゴミのような利子しかつかないが、10%で運用できれば毎年10万円の追加収入が得られる。給料が安い平社員にとって、10万円の余裕は大きい。自分は銀行預金でひたすら頭金をためて住宅ローンを組んだのだが、そんな運用ができると知っていたら、家など買わなかったかもしれない。

 勉強期間に出した損失にしたって、あらかじめ株価の動き方をしっかり理解していて、投資する銘柄をちゃんと調べていれば避けられたものだった。時間に余裕のある学生時代にそういった知識を身につけていたら、社会人としてのスタートも違ったものになっていたことだろう。利回りの大きさを考えれば、余裕のできたお金は無駄遣いせずに運用に回そうという計画性だって出てくるんじゃなかろうか。

 週刊誌に載っているような怪しげな情報に振り回されているようでは危ないが、うまくできるなら複利で効いてくるから早く始めるに越したことはない。人生変わるよ。

« WG1200HP/HS の無線LANアクセスポイントをそろそろ捨てよう | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/65598861

この記事へのトラックバック一覧です: 投資のすすめ:

« WG1200HP/HS の無線LANアクセスポイントをそろそろ捨てよう | トップページ