2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« スマホを Xperia Z1 から Huawei P10 lite に買い替え | トップページ | WG1200HP/HS の無線LANアクセスポイントをそろそろ捨てよう »

2017年7月10日 (月)

6年ぶりの閃輝暗点

 ちょっと出かけて、ある店で昼食の順番待ちをしているとき、突然視界に異変を感じた。
 視野の右下3分の1くらいの範囲が歪んでいて、チラチラ動いてものが見づらい。最初は照明の残像かと思ったが、消えるどころか悪化していく。

 そこそこ年食ってるので、網膜剥離でも起きたかと焦ったが、自分で視力検査みたいにして症状を確かめているうちに両目に同じ症状が出ていることがわかった。視野の中での位置も同じ。これは原因は眼じゃないなと思うと同時に、かすかな既視感も出てくる。

 順番が来て席に案内されたところでゆっくり考えてみると、ちょうど6年くらい前に閃輝暗点というのを起こしていたのを思い出した。前回は爆発星の形だったが、今回は円弧状。原因不明ながら30分位で症状が治まるらしいので、ちょっと落ち着く。

 食事が終わる頃には視野の異常は消えたのだが、それまではものすごく気分が落ち込んでいて食事どころではなかった。視野に異常をきたして見えにくくなると、本当に回復するのだろうかと不安になるし、閃輝暗点がチラチラしているのが気になって、食事にも会話にも集中できない。視力の大切さをあらためて思い知る。

 今回は視力が戻ったあとで扁豆痛になったので、典型的な閃輝暗点だった。

 前回も今回も室内で椅子に座るなどして安静にしている状態で起きたので視野が欠けてもどうということはなかったが、これがクルマを運転しているときだったらどうなっていただろう。視野のど真ん中に異常が起きたら、運転が難しくなったりしないだろうか。異常を感じてから閃輝暗点の大きさが最大になるまでは10分くらいしかないので、SA/PAに退避できるかも微妙だ。これはちょっとばかりシミュレーションして備えておかないと危なそうだ。

« スマホを Xperia Z1 から Huawei P10 lite に買い替え | トップページ | WG1200HP/HS の無線LANアクセスポイントをそろそろ捨てよう »

心と体」カテゴリの記事

コメント

どもです、ときどき読ませていただいてます。

閃輝暗点は緊張が解けたときに脳の視覚部の血行が変化することで起こるようです。一種の酸欠なのかもしれません。
むしろその後の片頭痛が悪化すると半日寝込んだりすることになるので大変です。

片頭痛の前駆症状の閃輝暗点であれば、すぐにイミグラン等薬があるので、頭痛外来で貰って持っておくと安心ですよ。

なお、片頭痛にならずに多発するようだと、脳血管周辺の問題も考えられるということですので、CTなどでの検査をお勧めします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/65515370

この記事へのトラックバック一覧です: 6年ぶりの閃輝暗点:

« スマホを Xperia Z1 から Huawei P10 lite に買い替え | トップページ | WG1200HP/HS の無線LANアクセスポイントをそろそろ捨てよう »