2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月26日 (金)

ウイルスバスターがBlurayドライブの認識を邪魔する?

 ウイルスバスターがWindows10 Creators Updateと干渉していて正常にブートできなくなるのはほぼ確信しているのだが、もう一つウイルスバスターが悪さをしていそうな現象を見つけた。

 いま使っているPCには、Panasonic製のUJ-265という薄型のBlurayドライブがついていたのだが、Creators Updateを適用する以前から、ブート時にWindowsで検出に失敗してエクスプローラーなどから見えなくなる問題が頻繁に発生していた。

 症状が出たり出なかったりしたので、最初はケーブルの不具合を疑って Slimline SATAケーブルを交換したものの効果なし。BlurayドライブのドライバかファームウェアとWindowsの起動処理とがうまく合ってないのだろうと思ってしばらく調べていたのだが、海外のサイトも含めて類似例は見つけられず、けっきょく原因不明で対策ができなかった。
 使いたいと思ったときに行方不明になっているドライブがPCに入ったまま電力を消費しているというのも面白くないので、PCから取り外してUSB接続のドライブを使うことにして存在そのものを忘れていた。

 でもって、ウイルスバスターをアンインストールしたCreators Updateが安定して動くようになり、以前使っていたUJ-265のことを思い出した。Creators UpdateでWindowsの起動処理に変更があった感じがするので、ひょっとしたら UJ-265も安定して使えるようになったんじゃないかと。

 PCにUJ-265を戻してみたら、何度再起動してみても安定して認識する。大当たりだ。だが、これはCreators Updateのせいかというと、そうではなさそうだ。いまさらウイルスバスターを入れて検証するほどの執念は無いので断言はしないが、おそらくはウイルスバスターが原因だろう。

 ドライブを認識したりしなかったりというのは、Creators Updateでウイルスバスターが悪さしてWindowsの起動に間欠的に問題が起きたのと似ている。光学ドライブはウイルスの侵入口の一つなので、ドライブの認識段階からウイルスソフトが介入するのはいかにもありそうだ。
 UJ-265の認識失敗は最初から起きていたわけじゃなくて、しばらく安定して使えていたのに、どこかのタイミングで問題が発生するようになった。このためUJ-265側の故障を疑ったのだが、ウイルスバスターが自動更新されて誤動作するようになったと考えるほうが理にかなっている。
 状況証拠だけだが、ウイルスバスターが怪しい。

 この記事を書いている時点でも、トレンドマイクロからはCreators Updateで発生する問題の正式なアナウンスはされていないし、対策も出ていない。

 トレンドマイクロは、2005年に世界中のPCを起動不能にしながらまともな謝罪もしなかった事件以来信用しないようにしているのだが、こうしてときどき忘れてしまってトラブルに巻き込まれる。いいかげん縁を切るべきかな。

追記: よく考えてみると、無線LANやBluetoothなどのデバイスもたまに検出に失敗することがあった。PCを再起動すると解消するので気にしていなかったが、これもウイルスバスターが原因だったのだろう。
 Windowsがデバイスドライバを読み込む過程で、OSのデバイス検出に関わる処理とウイルスバスターとで競合が起き、ドライバーの初期化処理がタイムアウトする。OSの起動処理のタイミングのちょっとしたゆらぎで様々なデバイスの処理に影響が出て症状が変わるので原因が掴みづらくなっていると考えている。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »