2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« スマートメーターは意外とバカだった | トップページ | ウイルスバスターがBlurayドライブの認識を邪魔する? »

2017年4月27日 (木)

Windows 10 Creators Update でデスクトップが真っ黒に

 Windows 10 Creators Update を適用してみたところ、デスクトップが真っ黒になって表示されなくなるという現象がときどき発生するようになった。

 症状としては、デスクトップの背景が真っ黒になるが、マウスアイコンは表示される。タスクバーは表示されるものの、Windowsアイコンをクリックしてもスタートメニュが表示されないので、マウスでアプリを起動することができない。キーボード入力はできるので、「ファイル名を指定して実行」はできる。

 発生頻度は高くないが、一度発生すると再起動しても続けて発生したりする。

 ディスプレイドライバーの更新とか、ユーザプロファイルの修復とかいった関係ありそうなことはひと通り試してみたが、いずれも効果なし。

 Samsung Magician を入れていて、5.0 に更新した直後から発生するようになったのだが、アンインストールしてもときどき発生するので、関係があるかどうかは不明。

 結局原因はわからないので、発生したら Ctrl + Alt + Del でタスクマネージャーを起動し、Windowsプロセスであるエクスプローラーを再起動して回避している。面倒だが、そのうち対策されるんじゃないかと期待。

追記: どうもウイルスバスタークラウドの問題らしい。とりあえずウイルスバスターをアンインストール。自分の使い方だと、月に1度くらいあやしげなCookieを削除したというレポートが出るくらいなので、Windows Defender で十分だという気がする。

« スマートメーターは意外とバカだった | トップページ | ウイルスバスターがBlurayドライブの認識を邪魔する? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/65203262

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 Creators Update でデスクトップが真っ黒に:

« スマートメーターは意外とバカだった | トップページ | ウイルスバスターがBlurayドライブの認識を邪魔する? »