2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月23日 (木)

花粉症と咳喘息

 いろいろな花粉に反応するせいで、1年のうちのかなりの期間で花粉症治療をしている。最近は仕事を替えて通勤せずに済むようになったおかげで、花粉症薬を服用するだけで症状を抑えきることができるようになった。
 用があってたまに外出すると症状は出るが、社会生活を営むうえではしかたのないところではある。

 花粉症はそんなぐあいで無事にやり過ごせるようになったのだが、花粉症シーズンのあいだに年に1度か2度、咳喘息のような症状になることがある。
 症状の出始めは花粉症がひどくなったのに加えて微熱が出るくらいだが、熱が下がったあとにしつこい咳が残り、放置すると半月たっても治らない。

 このときの咳は、夜に布団に入って横になると悪化する。腹筋が筋肉痛になるくらいにひどく咳き込むので、睡眠不足になるくらい。耳を澄ますと、息を吐ききるくらいのタイミングで、気管の奥のほう、胸の真ん中あたりでゼーゼー音がする。つぶつぶと泡がはじけるような音のこともある。気管支が腫れて細くなっているということ。
 ゼーゼー音がしたタイミングで咳の反射が起きるみたいで、大きく息を吸って吐ききらずに呼吸をしてると咳が出ないのだが、そんな意識的な呼吸動作は眠りに入ると続かなくて、呼吸が浅くなり咳き込んでしまうという繰り返しになる。

 つらいので医者に行くと、毎年のことで「いつもの症状です」と言ってるのに、最初はなぜだか普通の咳止め薬くらいしか処方してくれない。診察されるときには咳が止まっているということはあるけれど。2,3日して「効かないからなんとかしてくれ」と押しかけると、ようやく気管支拡張薬とかステロイド剤とか出してくれる。ついでに、「このままだといつか本格的な喘息に移行しますよ」とかよけいなことをぬかす。だったら最初から咳喘息の治療しろよと返したいが、専門家には敬意を払う方なので、そういうことは言わない。
 こんなことを何年もやってて嫌気がさしたので、医者に行かずに自分で薬を買って対策するようになった。花粉症薬を個人輸入して使っているという背景もあるが。

 最初のうちは、気管支拡張剤が入っているコンタック咳止めのような市販薬を使っていたが、完全には咳が治まらなくて強く咳き込むことがあるし、症状が無くなるまで2週間以上かかることもあるので高くつく。
 結局のところ、一時的な喘息状態なんだからってんで、喘息の薬を個人輸入することにした。

 ネットで調べると、気管支拡張剤とステロイド剤の合剤を使うのが推奨らしい。自分の経験でも、気管支拡張剤で咳だけ止めても、気管支の奥のヒリヒリした感覚はなかなか消えない。炎症対策も同時にやらないと長引くことになる。
 アドエアジェネリックなどを個人輸入すると1ヶ月分で2千円ちょっと。個人輸入に伴うリスクは承知のうえでのことだが、市販薬より安いし花粉の舞う中を外出する必要もないのでありがたいと思っている。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »