2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« ベーコンの仕込み : 塩抜き中 | トップページ | ベーコン 燻煙中 »

2016年12月 6日 (火)

MH1210Wで燻製の温度管理を自動化してみる

 ベーコンやハムを燻製するときは、スモーカー内の温度を60℃より少し上になるようにしているが、やはり面倒だ。
 煙を出すのにスモークウッドを使っているが、着火したばかりのころは発熱量が小さく、温度を維持するためには電熱器で加熱してやらないといけない。しかし、1本使って煙が出終わる頃には大きな熾火のような状態になって熱がかなり出るから、電熱器を切ってやらないと温度が上がりすぎる。ちょっとばかし面倒なので、自動化できたらいいなと感じることはある。
 もっとも、朝から晩まで燻煙していても使うスモークウッドはせいぜい3本なので、電熱器をON/OFFする作業なんてたかだか10回くらいしかないので、どうしても自動化したいというほどでもない。

 そんな具合で放置してきたのだが、Amazonで温度コントローラを検索していたら、中華製のMH1210Wというデジタル式の温度コントローラが2千円以下で買えるのを見つけた。ダメ元で購入してみると、機能的には必要十分だし温度測定の精度も悪くない。

Dsc_0224

 耐久性という面での品質はこれから確認しないといけないのだが、こんな小さいので600Wの電力をちゃんと入/切できるのかという不安は若干ある。その不安に対しては、これまで使っていたデジタル温度計のアラームで監視するという二重化で対応することにした。

 古くなった家電を捨てるときにとっておいた電源ケーブルやら手持ちの差し込みピンなどを活用して、温度コントローラーボックスをでっちあげ。追加で購入したのは、容器のタッパーとコンセントボディで300円。安い。

Dsc_0225

 MH1210Wに添付されていた取扱い説明書は英語のみだったが、技術的な間違いや英語としておかしいところが多々あった。機能的に単純なので、説明書から推測して動作確認すればだいたいは分かるのだが。
 自分としては、取扱説明書は電子ファイルでしか保存しておかない主義なので、日本語の取説の電子ファイルを作成することにした。

 もしGoogle検索などでここにたどりついた人がいたら、勝手に持ってってもらってOKです。内容の正確さには責任を持ちません。間違いの指摘は歓迎します。

« ベーコンの仕込み : 塩抜き中 | トップページ | ベーコン 燻煙中 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/64589393

この記事へのトラックバック一覧です: MH1210Wで燻製の温度管理を自動化してみる:

« ベーコンの仕込み : 塩抜き中 | トップページ | ベーコン 燻煙中 »