2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« ロースハムの塩抜き・乾燥・巻き | トップページ | ロースハム完成 »

2016年12月28日 (水)

ロースハム燻煙・ボイル

 燻煙は6時間。寒さのために炭火で温度を上げまくったので、温度コントローラの出る幕なし。

 ボイルに投げ込みヒーターを試してみたものの、60℃を維持する段階で鍋の表層と下層の温度差が10℃近くにもなることが分かって、早々にギブアップ。表層が65℃を超えても下層が55℃以下という状態で、温度差が大きく均等に温まらない。

 ガスコンロのとろ火を使うと、下層の温度が表層よりも1℃くらい高い程度で、鍋全体が温度差が少ない状態であたたまる。たぶん炎の熱が鍋底全体に伝わり、鍋の中の水がうまく対流して撹拌されるのだろう。
 電熱器で鍋の下から温めれば同様の効果は得られるのだろうが、ガスでも30分に1回くらい見に行って火をつけたり消したりすればいいので、それほど手間がかかるわけでもないからわざわざ電気コンロを買うほどでもない。見に行く時間間隔を長くできるのは、20リットルというでかい寸胴鍋を使うことの効用だ。

 温度コントローラーは、春になって気温が上がったら燻煙に再チャレンジ。
 投げ込みヒーターは・・・いらんな。

« ロースハムの塩抜き・乾燥・巻き | トップページ | ロースハム完成 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/64686457

この記事へのトラックバック一覧です: ロースハム燻煙・ボイル:

« ロースハムの塩抜き・乾燥・巻き | トップページ | ロースハム完成 »