2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月29日 (木)

ロースハム完成

冷蔵庫で二日間乾燥して一応の完成。

このまま数週間は熟成が進んで、塩味がまろやかになる。

燻煙の成分には殺菌効果があるが、念のため表面にアルコールを吹いたうえで真空パックして保存する。これで3ヶ月はもつ。

Dsc_0234

2016年12月28日 (水)

ロースハム燻煙・ボイル

 燻煙は6時間。寒さのために炭火で温度を上げまくったので、温度コントローラの出る幕なし。

 ボイルに投げ込みヒーターを試してみたものの、60℃を維持する段階で鍋の表層と下層の温度差が10℃近くにもなることが分かって、早々にギブアップ。表層が65℃を超えても下層が55℃以下という状態で、温度差が大きく均等に温まらない。

 ガスコンロのとろ火を使うと、下層の温度が表層よりも1℃くらい高い程度で、鍋全体が温度差が少ない状態であたたまる。たぶん炎の熱が鍋底全体に伝わり、鍋の中の水がうまく対流して撹拌されるのだろう。
 電熱器で鍋の下から温めれば同様の効果は得られるのだろうが、ガスでも30分に1回くらい見に行って火をつけたり消したりすればいいので、それほど手間がかかるわけでもないからわざわざ電気コンロを買うほどでもない。見に行く時間間隔を長くできるのは、20リットルというでかい寸胴鍋を使うことの効用だ。

 温度コントローラーは、春になって気温が上がったら燻煙に再チャレンジ。
 投げ込みヒーターは・・・いらんな。

2016年12月26日 (月)

ロースハムの塩抜き・乾燥・巻き

 塩漬けは8日で終わり。
 いつもは10日間としているが、年末でなんとなく早めに切り上げたかったから。

 塩抜きは流水で12時間。そのあとピチットシートで巻いてまる一日かけて乾燥。

 今回初めてピチットシートの重量変化を測っているが、一つのブロックで50~60グラムの水分が抜けている。
 ベーコンのときは同じくらいの重さの肉で90グラム以上と多めだったが、たぶん肉厚なロース肉は水分が抜けにくいのだろう。2日くらいかけた方がいいのかもしれない。

 乾燥が終わった肉は、サラシで巻いてタコ糸で縛って整形。
 指を保護するために軍手をしているが、二重にはめてないとあとで指にしびれが残るくらいに力を入れるので、けっこうな重労働だったりする。

Dsc_0233

 黄色っぽく見えるのは、スパイスとしてカレーパウダーを使っているので、脂身の表面がウコンで染まっているせい。この程度なら燻煙をかけるとわからなくなるし、健康にもいいだろうから気にしない。

 この状態で肉からサラシに水分が染み出てくるので、冷蔵庫で一晩乾燥する。

 明日、雨がひどくならなければ燻煙する予定。

2016年12月23日 (金)

ハムのボイル用に投げ込みヒーターを買った

 せっかく温度コントローラーが手に入ったので、ハムをボイルするときの温度管理を自動化することにした。塩漬け完了待ちで手持ち無沙汰だったこともあり。

 加熱用の熱源として500Wの投げ込みヒーターを購入。

Dsc_0232

 燻煙時に使っている電熱器が使えないかと思ったのだが、20リットルの寸胴をいっぱいにつかってボイルするので重量が20キロを超えることになり、電熱器の耐荷重が不安になる。ボイル中に崩壊したら大惨事になるし、だいたい寸胴が大きくて電熱器に載せると不安定になる。よって、この案は早々に放棄。

 次の案として、安い投げ込みヒーターを検討。アルミの寸胴の放熱量をそれらしいサイトで確認してみると、気温から50℃高い状態で250Wくらいらしい。寸胴の深さが26センチあるので、ヒーターパイプ長40センチで500Wのものを購入。5千円くらい。ちょっと長いかと思ったが、実際に買ってみるとヒーターの先端のループ部分から引っ掛け部までは36センチくらいでちょうどいいサイズ。

 水中とはいえヒーター部分がハムに直接接触すると過熱状態になりそうなので、用心のためにホームセンターでステンレスの金網を買ってきてくるむことにした。金網代1,500円。金網のへりの針金がほかに引っかからないように折り曲げたのだが、これがかなりたいへん。ステンレスは硬いから。手に何度か刺さってひどい目にあった。

 動作テストとして、ステーキの低温調理に挑戦。フリーザーバッグに適当に味付けしたステーキ肉を放り込み、55~60℃の範囲でボイルする。

 ヒーターの出力が500Wと小さくて大量の水をお湯にするには非力すぎるため、寸胴に入れた水をガスコンロで60℃まで温めたところでヒーターに切り替え、肉を入れる。あくまで保温目的ということ。

 10リットルの湯が寸胴に入っている状態で、寸胴の底と水面の温度差は3~5℃程度になる。ちょっと温度差が大きいかもと思うが、気にするほどのことはあるまい。ラジコン模型のスクリューなんかを使えば攪拌装置は簡単に作れそうだが、面倒くさい。

 温度コントローラーの設定を57~57.5℃にしてみたところ、肉心まで温まったくらいの頃合いで0.5℃の上昇に3分ほどかかり、下がるのに10分くらいかかる。変化速度としてはちょうどいいくらいかな。

 2時間半で調理終了。タンパク質にちゃんと火が通った証拠として、フリーザーバッグの中に肉汁がそれなりに出ている。表面が褐色になったステーキ肉を、熱したフライパンで一気に焼き目をつけて香り出し。切ってみると、中はピンクで柔らかくジューシー。ちょっとローストビーフみたいな感じはあるが、最高に、んまいっ。

2016年12月16日 (金)

ロースハムの仕込み

 肉の安売りの日に合わせてロースハムの仕込み。

 豚ロース肉を2本、約9.6キロを購入。ベーコンは輸入肉だが、ロースハムのときは国産豚のチルド肉を使う。しばらく冷凍の輸入肉を使っていたのだが、たまたま国産豚を使ったときにとんでもなく旨いハムができたので、それ以来国産を使っている。

 1本を3等分してピックル液とともにビニール袋に入れて漬け込み。

Dsc_0229
Dsc_0231

 ピックル液は、ベーコンのときとは違い、醤油を加えている。出来上がりではそれほど大きな違いは出ないのだが、なんとなく気分で。

 ピックル液に漬け込む前に塩をすり込んで一晩かけて血抜きをするという手順をやっていたことがあったが、効果が実感できなかったので今はやっていない。日にちも手間も減らせることの方が、自分にとっては大きい。

 肉には何ヶ所か血の詰まった血管が残っている。気がついたところはできるだけ血管ごと引き抜くようにしているが、どうしても取り残すところはある。ハムを作り始めたころは、ナイフで切開したりしてしつこく取り除いていたのだが、いつの間にか面倒になってやめてしまった。
 血が残ってると臭みの原因になると思うんだが、実際に食べてみると気がつかない程度なので、まぁいいかというところ。たいていはスライスしてるときに自分で食べちゃうというのもあるし。

2016年12月 9日 (金)

ベーコン完成

 まだ乾燥が不足していて少しやわらかいが、都合により熟成を終了。
 使いやすいように半分にカットし、真空パックして冷凍保存する。

Dsc_0228_2

2016年12月 8日 (木)

ベーコン熟成

 燻煙の終わったベーコンを熟成中。

Dsc_0227

 今回の燻煙時間は9時間くらい。日暮れで暗くなって作業しにくくなるとともに寒さで外に出るのがおっくうになったところで燻煙を打ち切る。
 何日かかけてゆっくり燻煙した方がいいという話を聞いて自分でもやってたことはあるのだが、出し入れやら管理やら面倒だったので、今は一度にできるだけ長時間燻煙することにして済ませている。明るいうちしか作業しないので、冬は短く夏は長くという大雑把さ。

 燻煙が終わったら、セロハンシートで包んで冷蔵庫で熟成させる。燻煙の成分を肉になじませるのが主目的だが、セロハンなので水分がさらに抜ける効果もある。

 燻煙をなじませる熟成期間は2日もあれば十分だと思うが、あとでスライスしたり刻んだりするときにグニグニ柔らかいと切りにくいので、長めに水分をとばして硬めの仕上げにしている。
 熟成が終わったら、真空パックして冷凍保存。これで半年以上はもつ。

 続けてロースハムを作る予定。

2016年12月 7日 (水)

ベーコン 燻煙中

 スモーカーに温度コントローラーのセンサーを挿入する穴を新たにあけて、これまで使っていたデジタル温度計と併用できるようにした。

 ピチットシートで脱水していた肉を朝イチで冷蔵庫から出し、串とタコ糸で吊り下げられるようにして燻煙を開始。

Dsc_0226

 600Wの電熱器で加熱している状態だが、肉が冷えているので、なかなか温度が上がらない。

 温度を上げていく途中では、デジタル温度計と温度コントローラーの測定値に10℃以上の差が出た。センサーの位置を入れ替えると、温度表示も逆転する。どうやら、スモークウッドの点火した部分がデジタル温度計のセンサーの真下あたりにあるかららしい。測定位置の違いでこれほど温度に差があるのは意外だった。

 温度制御の結果だが、今回は不発。気温がかなり低いせいで、電熱器による加熱では不足して炭火を入れることになったため。日中に陽がさしていたときには炭火無しでもよかったので、もうちょっと暖かい頃ならうまくいっていたのだろう。

2016年12月 6日 (火)

MH1210Wで燻製の温度管理を自動化してみる

 ベーコンやハムを燻製するときは、スモーカー内の温度を60℃より少し上になるようにしているが、やはり面倒だ。
 煙を出すのにスモークウッドを使っているが、着火したばかりのころは発熱量が小さく、温度を維持するためには電熱器で加熱してやらないといけない。しかし、1本使って煙が出終わる頃には大きな熾火のような状態になって熱がかなり出るから、電熱器を切ってやらないと温度が上がりすぎる。ちょっとばかし面倒なので、自動化できたらいいなと感じることはある。
 もっとも、朝から晩まで燻煙していても使うスモークウッドはせいぜい3本なので、電熱器をON/OFFする作業なんてたかだか10回くらいしかないので、どうしても自動化したいというほどでもない。

 そんな具合で放置してきたのだが、Amazonで温度コントローラを検索していたら、中華製のMH1210Wというデジタル式の温度コントローラが2千円以下で買えるのを見つけた。ダメ元で購入してみると、機能的には必要十分だし温度測定の精度も悪くない。

Dsc_0224

 耐久性という面での品質はこれから確認しないといけないのだが、こんな小さいので600Wの電力をちゃんと入/切できるのかという不安は若干ある。その不安に対しては、これまで使っていたデジタル温度計のアラームで監視するという二重化で対応することにした。

 古くなった家電を捨てるときにとっておいた電源ケーブルやら手持ちの差し込みピンなどを活用して、温度コントローラーボックスをでっちあげ。追加で購入したのは、容器のタッパーとコンセントボディで300円。安い。

Dsc_0225

 MH1210Wに添付されていた取扱い説明書は英語のみだったが、技術的な間違いや英語としておかしいところが多々あった。機能的に単純なので、説明書から推測して動作確認すればだいたいは分かるのだが。
 自分としては、取扱説明書は電子ファイルでしか保存しておかない主義なので、日本語の取説の電子ファイルを作成することにした。

 もしGoogle検索などでここにたどりついた人がいたら、勝手に持ってってもらってOKです。内容の正確さには責任を持ちません。間違いの指摘は歓迎します。

2016年12月 5日 (月)

ベーコンの仕込み : 塩抜き中

塩漬けを10日間した後、塩抜き中。

Dsc_0222

寸胴鍋に流水。オーバーフロー気味にしつつ、同時にシリコンチューブを使って底面排水をしている。

これのまま6時間くらい塩抜きをしたら、次はピチットシートを使って乾燥。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »