2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2016年7月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年9月

2016年9月29日 (木)

ムカデに噛まれた

 自宅で机に向かっていたら、足の中指をムカデに噛まれた。深く噛まれなかったのか、激痛というほど痛くはないし腫れも出てきてないのだが、鈍い痛みが続いて気が散る。

 足先に突然痛みを感じて椅子を引いたら、先の空いたスリッパからムカデがぽろり。人生で初めて噛まれたのだが、激しい痛みと腫れがくると聞いていたのが頭をよぎり、動作が数秒止まる。その間にムカデはフローリングと巾木の隙間に逃げ込んだ。

 噛まれたのに逃してなるものかと意地になったので、追い出しにかかる。ちょうどスプレー殺虫剤を切らしていたので、代わりに網戸の虫除けスプレーを吹きかけたところ、一分もしないうちにヨタヨタと出てきた。すかさず常備してある大型ピンセットで捕獲。

 ウチではムカデ対策として、アクアリウム用品の30センチくらいある大型のピンセットを何本か家の中に配置している。頑丈なムカデはスリッパで少しくらいひっぱたいても止められないし、狭いところではうまく叩けない。殺虫剤もすぐには効かないので、素早く物陰に逃げ込まれると死んだかどうか分からなくなって精神衛生上もよくない。

 その点、ピンセットは便利だ。相手にこっちの動きを察知される前に、サッと挟みとる。ムカデが逃げようとして大顎でピンセットをバチンバチンと噛む音も迫力があって心地よい。フッフッフ、無駄なあがきよ、とかつぶやきつつ裏のヤブに追放してやるのがいつものパターン。

 だが、噛まれた今回は復讐の鬼になっているので、ピンセットで挟んだままコンロの上で火あぶりにしてやった。子供じみてるとは思うが、少しは気が晴れた。

 ちなみに、掃除機でムカデを吸うのはやめたほうがいい。ダイソンはどうだか知らないが、普通の紙パック掃除機では、最強にして吸い込んでも紙パックの中で元気に暴れまわるので、紙パックを取り出して退治しなくてはならない。Gとか羽虫なんかはホースの中でぶつかってくたばるのだが、ムカデはよほど頑丈にできてるようだ。

2016年9月21日 (水)

温水洗浄便座の人体センサーを交換

 8年前に買ったナショナルのDL-GZ40という温水便座を使っているのだが、自動的にフタが開かないことが多くなってきた。リモコンによるフタの開閉は問題なくできるので、人体センサーの故障だと思われる。

 人体センサーの動作を確認するために、スマホのカメラで人体センサーの赤外線発光部を撮影したところ、人に向けてみても発光しないことが多い。たぶん赤外線センサーの故障だろうと考えて、補修部品として人体センサーが入手できるかを探すことにした。

 人体センサーリモコンの型番は設置工事説明書に「DL137V-AACS0」とあったが、パナソニックのショッピングサイトで検索してみても出てこない。しかたないので、温水洗浄便座のカテゴリーで「人体センサー」をキーワードに検索すると4つヒットしてくるが、微妙に型番が違う。「必ず対応本体品番をお確かめのうえ・・・」などと赤書きしてあるので確認すると、どれにもDL-GZ40は対応品に入っていない。

 サポートに電話して確かめるのも面倒なので、当てずっぽうで買ってみることにした。リモコンのコマンドなんてそうそう変えることはないだろうし、何種類も作り分けるなんて無駄なことはしないだろうという予想。「DL137V」の部分が同じのが3つあるので、その後の文字列が世代を表すと考えて一番近そうな「DL137V-AJCS0」を買うことに決めた。

 補修部品なので安く売ってるところもなく、パナソニックのサイトでは会員登録しないと送料無料にならないとか面倒そうだったので、楽天のパナソニックストアで注文。値引きはないが、送料無料だし楽天ポイントつくしで。

 数日で届いた人体センサーを設置してみると、何の問題もなく以前のように快適に動作する。スマホのカメラで確認してみても、人体に反応して確実に発光している。8年も前に買ったのでそろそろ買い替えかもと思っていたが、安いセンサーの交換だけで復帰できたのはありがたい。

 それにしてもパナソニックのサイトは不親切だ。ナショナルとパナソニックのブランドの統合のせいか、それとも古い製品だからか、いずれにしても対応部品の情報をきちんと掲載していないのはよくない。顧客を大切にするつもりなら、こういったところで手を抜かないでもらいたい。

2016年9月17日 (土)

井戸水の水質検査をした

 ふだん住んでないせいで、この数年利用頻度の低下している実家の井戸の水質検査をやった。最近は宅急便を使って手軽に検査を委託できるところが増えたので、なかなか便利だ。今回は日吉オンラインというところに頼んだ。

 10日ほどで検査結果が送られてきた。検査は水道法の基準値によるものなのだが、そのうち1項目が「不適」となっていて、少しびっくり。

 不適になった項目は、「マンガン及びその化合物」というもので、1リットルあたり0.05mg以下という基準に対して0.2mgとなっている。

 基準の4倍もあって大丈夫かと不安になったが、調べてみると水道で塩素消毒すると黒水になる可能性があるということ。飲料水としては10リットルくらい飲まないとマンガンの摂取量として意味のある量にならないので、まったく問題ないことが分かった。

 いまどき検査項目の内容はネットで調べれば確認できるけれど、具体的に何を意味しているのかは分かりにくい。機械的に検査結果を届けるだけでもいいんだけど、「水道法水質基準値に対して不適項目があります」ってんじゃなくて、「家庭の飲料用としてはまったく問題ありません」くらいの分かりやすい書き方にした方が喜ばれるんじゃなかろうか。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年11月 »