2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« もうPCにHDDはいらない | トップページ | 自動車メーカーとライドシェアサービスの提携から妄想 »

2016年4月25日 (月)

Samsung SSD 950 Pro を使ってみた

 新しいM.2インタフェースに興味があったので、Samsung 950Proを買って試してみた。

 さっそく接続して、起動ドライブにするためにWindows 10をクリーンインストールすることにしたのだが、BIOSでドライブとしてうまく認識できず、あれこれASUS Z170I のBIOS設定をいじってみること小一時間。やっちまったかなーと思いつつ、ままよとBIOSの“Load Optimized Defaults”を実行すると、あっさり認識できるようになった。設定値の記録を取ってなかったので、何が問題だったのか分からん。

 インストールが終わって950Proのベンチマークを取ってみると、最初から使っていた850Evoの倍くらいの数字が出る。数字として見る分には面白いが、日常作業をするうえでの体感速度に変化は無い。面白かったからいいや。

 CrystalDiskInfoで動作状態をチェックすると、950Proの温度が高くて気になる。

 データドライブと化した850Evoの方は、アクセスがほぼ無いので温度は気温と同じ。

 起動ドライブである950Proの方は、少量の読み書きが定常的に発生しているが、気温より17℃ほど高め。ベンチマークテストで負荷をかけると10℃くらい上がるし、夏場に向けて精神衛生上もよろしくない。対策としてヒートシンクを貼り付けたら、5℃くらい下がった。とりあえずこれで様子見。

Dsc_0201

 M.2ソケットはMini-ITXの裏にあってファンをつける空間が無い。熱伝導用シリコンシートをヒートシンクで挟み込み、ワイヤーで軽く圧力がかかるようにして固定した。ケースの蓋を閉めると、蓋のアルミ板がヒートシンクにちょうど接触するので、さらに圧力がかかる。

 シリコンの熱伝導シートの代わりに3Mの熱伝導性両面テープを使うと、しっかり接着されて固定できるが温度が2度くらい高めになる。

« もうPCにHDDはいらない | トップページ | 自動車メーカーとライドシェアサービスの提携から妄想 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/63535504

この記事へのトラックバック一覧です: Samsung SSD 950 Pro を使ってみた:

« もうPCにHDDはいらない | トップページ | 自動車メーカーとライドシェアサービスの提携から妄想 »