2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« トヨタの「ハッカソン」ではクルマは救えない | トップページ | スマートハウスは10年で元が取れるか »

2014年9月25日 (木)

Proudly Built in Silicon Valley

"Proudly Built in Silicon Valley"というのが宣伝文句になっている製品がある。

 どうということの無いフレーズなので深い意味は無いのかもしれないのだが、これがつけられたのがコンピューター関連製品ではなくてクルマであるということに、何やら象徴的な意味を感じてしまう。

 とうことで、前回に続けてクルマの話題。

 Renovo Motorsというベンチャー企業がある。Lenovoとは関係ない。ここが8月に電気自動車のスポーツカーを発表した。ほとんどレース用で航続距離が短く一般道での実用性は皆無に近いが、やたら楽しそうだ。

 このスポーツカーの特徴として、馬力やらトルクやらに続けて"Proudly Built in Silicon Valley"というのが並べられている。創業者がIntelとVerisignの元技術者ってのもあるが、シリコンバレーのGeekな仲間たちが寄ってたかって作っちまったぜとでも言いたげに感じる。

 今のシリコンバレーは、ソフトウェアやコンピュータの技術者が、クルマのようなコンピューター以外のハードウェア開発まで手がけて新しい市場を作り出そうとしている。IoT(Internet of Things)というのはその一端だ。

 ソフト屋がハードを手がけるのとハード屋がソフトを手がけるののどっちがいいか。前者の方が圧倒的に容易だろう。ハードの開発生産において分業が高度に発達したおかげで、部品供給業者をうまく使えば必要なハードは簡単に手に入る。非コンピューターのハード屋にとって、ソフトはまだちょっと難しい。
 そんな今の環境で既存のクルマメーカーがどう戦えるかと考えると、なかなか危ういんじゃないかと思ってしまう。

 たった一つのフレーズから妄想を展開してみたが、ホントに変化が始まったら後からじゃ追いつけないくらい速いだろう。既存のクルマメーカーの社員は真剣に考えてた方がいいと思うよ。

« トヨタの「ハッカソン」ではクルマは救えない | トップページ | スマートハウスは10年で元が取れるか »

ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/60375185

この記事へのトラックバック一覧です: Proudly Built in Silicon Valley:

« トヨタの「ハッカソン」ではクルマは救えない | トップページ | スマートハウスは10年で元が取れるか »