2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« LTEは「高付加価値」で値上げになるのか | トップページ | 世界のIPTV契約数は2017年に3倍、増加分の半分強は中国 »

2012年8月 1日 (水)

テレビ放送はIPTVにして無線帯域はブロードバンドに使え

 英国の上院にあたる貴族院のレポートに関する記事

 テレビ放送はインターネットに移行してしまって、無線帯域はインターネット接続などに使った方が電波の有効利用になると。

 テレビ放送の空き帯域をモバイル通信に利用するホワイトスペースなんてのはあちこちで議論されているし、だいたいが欧米の地上波放送の無線インフラなんて日本に比べると穴だらけだから、今さらそんなもんを整備するのなんかやめちゃって、もっと儲かることやろうぜってのは同意できないこともない。

 貴族院のレポートなんだから、もっと見識の高い格調のある内容だと思うんだが、本質はそんなもんだろう。

 だが、放送をそれなりの品質でやるためには、数十Mbpsの帯域を全世帯に安定して提供しないといけない。これは地上波放送よりもよほど実現にカネがかかる。単純に考えたら、かなりイカレた提案だ。殿、ご乱心、ってなもんで。

 このレポートでは、ブロードバンドの格差解消についても言及されているらしいので、全世帯に超高速のブロードバンドを提供する費用を、テレビ放送をIPTVに移行させた跡地の帯域を売り払うことで手当てするとかなってたりしないかな。もしそうなら、大胆で面白いと思うんだが。

 レポートは公開されているだろうから、ちゃんと読んで確認すればいいのだが、ちょっと今その余裕が無いので妄想のメモだけしとく。

« LTEは「高付加価値」で値上げになるのか | トップページ | 世界のIPTV契約数は2017年に3倍、増加分の半分強は中国 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/55331299

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ放送はIPTVにして無線帯域はブロードバンドに使え:

« LTEは「高付加価値」で値上げになるのか | トップページ | 世界のIPTV契約数は2017年に3倍、増加分の半分強は中国 »