2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« Galaxy S III のケースをレイ・アウトに交換 | トップページ | インバータ蛍光灯の常夜灯にはインバータ対応LED電球が必要 »

2012年8月10日 (金)

Google Fiberに欠けているもの

 Googleが米Kansas Cityで開始したGoogle Fiberサービス。Googleの意図するところに関して、いろいろな観測記事が飛び交っているが、ブロードバンドサービスとして見た場合、決定的に欠けているところがある。それがモバイル通信サービスだ。

 米国では、固定ブロードバンドでシェアの大きいケーブルテレビ事業者はモバイルサービスを持たず、AT&TやVerizonといった携帯電話事業者は、固定ブロードバンドでケーブル事業者との競争を放棄してしまい、固定とモバイルのサービスを組み合わせた先進的なサービスが生まれにくくなっている。

 こういった状況のため、固定ブロードバンドのGoogle Fiberがモバイルサービスを持たないのはそれほど奇妙には映らないのだが、インターネットを利用するユーザの生活はスマートフォンと接触している時間が大幅に増えている。インターネットを利用するユーザの様々なアクションのスタートポイントがモバイル端末になっている以上、モバイルサービスの取り込みは必須だ。

 LTEによる高速化があれば光ファイバサービスは必要が無いなどという珍妙な記事もときおり見かけるが、端末の電池容量の限界や無線帯域の絶対的な容量不足から、固定ブロードバンドとの適切な使い分けが必要になる。

 Googleくらいカネがあれば、地域の携帯電話サービスのライセンスを他社から買い取るなり、金欠のSprintあたりと組むなりしてモバイルサービスを手に入れることは難しくないだろう。

 Google Fiber自体まだ新しいサービスは何も出てきていないので、まずは固定ブロードバンドでGoogleが何を始めるかが注目すべきところだが、本格的化はモバイルとの組み合わせが出てきてからだと思う。

« Galaxy S III のケースをレイ・アウトに交換 | トップページ | インバータ蛍光灯の常夜灯にはインバータ対応LED電球が必要 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/55390186

この記事へのトラックバック一覧です: Google Fiberに欠けているもの:

« Galaxy S III のケースをレイ・アウトに交換 | トップページ | インバータ蛍光灯の常夜灯にはインバータ対応LED電球が必要 »