2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« Galaxy S III に機種変更 | トップページ | Googleがケーブルテレビ/ブロードバンドサービスを始める理由 »

2012年7月27日 (金)

Google Fiber が詳細を発表

 Google直営のFTTHサービスの詳細が公表された。

 個々のサービスに目新しさは無いのだが、アメリカの一般的な料金水準と比較すると安い。日本と比較すると、ちょっと高いと感じる。

 最安のプランは、$300の設置費用を払うと、下り5Mbpsが無料で使えるというもの。ラストワンマイルの整備が目的かな。

 1Gbpsのブロードバンド接続は、無線LANルータのレンタル込みで月額70ドル。ちょっと高いが、1テラバイトのオンラインストレージ付き。オンラインストレージにアクセスするときのバンド幅が充分あれば、いい感じかな。

 ブロードバンドに有料多チャンネルサービスがつくと、月額$120ドル。NTTのフレッツ光とスカパー!光のセットみたいなもんだが、2テラバイトHDD内蔵の録画機とNexus 7タブレットがおまけでついてくる。

 日本の基準からすると、飛び抜けて新しい機能は無いし値段も普通くらいなのだが、アメリカの同等サービスは、有料多チャンネルサービスだけで月額1万円くらい取られるし、超高速のブロードバンドも1万円じゃすまない。
 世界的に見ても、アメリカの有料放送やブロードバンドの料金水準はかなり高いのだが、Google Fiberは、そこに一石を投じる効果はあるだろう。だが、あくまでKansas Cityという一都市での実験的なサービスでしかないので、全米で価格破壊を引き起こすまでの効果はまだあるまい。

 Googleがこれから試行していくであろうさまざまなサービスを組み合わせて、Google Fiberが事業として充分収益が上げられることが証明できるかどうか。それがうまくいけば他の地域にも広がっていくだろうが、それには何年もかかるに違いない。

« Galaxy S III に機種変更 | トップページ | Googleがケーブルテレビ/ブロードバンドサービスを始める理由 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/55289887

この記事へのトラックバック一覧です: Google Fiber が詳細を発表:

« Galaxy S III に機種変更 | トップページ | Googleがケーブルテレビ/ブロードバンドサービスを始める理由 »