2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« エコカー補助金 | トップページ | ブラジル大手ISPがSmartTVにロンドンオリンピックのコンテンツを配信 »

2012年7月20日 (金)

2018年にHDD録画機の保有世帯が世界で3.4億に

 DVR(Digital Video Recorder)のある世帯が2018年に世界で3.4億になるという記事

 電機店で販売されるような一般的な録画機ではなくて、衛星放送やケーブルテレビなどの有料放送でレンタルされるHDD内蔵のSTBがほとんどなので、残念ながらSTBの世界シェアがほとんどゼロに等しい日本メーカーの出る幕はない。

 2018年頃の有料放送の契約数は、世界で10億くらいか。平均すると、そのうちの3分の1の世帯でDVRが保有されていることになるのだが、欧米や途上国でも経済力のある世帯ではもっと普及率は高くなることだろう。

 テレビなど家庭向け製品を考える上では、家庭にどのような機器が普及しているかを考慮する必要があるわけだが、DVRの存在はなかなか悩ましい。

 まず独立した録画機製品は意味がない。これは今すでにそうなっている。テレビの録画機能も必要ない。こういったDVRは録画した番組を家庭内に配信する機能を持つだろう。そういったSTBは、もう出回り始めている。
 HDDを内蔵しているので、デジカメの写真などのプライベートコンテンツの保存や配信機能も取り込んでしまうに違いない。

 有料放送サービスでレンタルされるSTBがこんな具合に機能を広げていったら、電機メーカーはどんな製品を作ったらいいのか。NetflixのようなOTTサービスに接続する機能は必要だろうが、あまりにもあたりまえの機能になっていて製品の価値を高めるものにはならないし、ビジネスの主導権はサービス業者側にある。

 端末製品だけでビジネスをしているかぎり、もはや楽で美味しいハナシなんて無いんだから、歯を食いしばって価格競争を耐え抜くしかないんだろうが、厳しい時代だね。

« エコカー補助金 | トップページ | ブラジル大手ISPがSmartTVにロンドンオリンピックのコンテンツを配信 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/55240711

この記事へのトラックバック一覧です: 2018年にHDD録画機の保有世帯が世界で3.4億に:

« エコカー補助金 | トップページ | ブラジル大手ISPがSmartTVにロンドンオリンピックのコンテンツを配信 »