2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« @nifty IPv6接続オプションの月額210円は暫定 で、いつまで? | トップページ | ムカデ対策に大型ピンセット »

2012年6月28日 (木)

NTT東西が定額テレビ電話 : これがNTTの限界

 あらかじめ登録しておいた2つの電話番号に対して、1回に30分以内なら何回使ってもテレビ電話が月額525円になる「テレビ電話チョイス定額」というのが発表された。

 通常の料金だと、音声通話の2倍の15.75円/3分が少なくとも課金されるので、値下げには違いないんだが、ブロードバンドのデータ通信が使い放題で定額になっている時代であることを考えると、無意味に高い。

 だいたいがNTT東西のサーバで音声・映像データを中継してるからコスト高になっているのであって、フレッツ光ネクストのIPv6ならNTT網内だけで家庭間が直接通信できるから、中継コストなしで済ませることができる。

 接続相手のIPアドレスを知るためにはDNSみたいな名前解決のサービスが必要だが、そんなのは高いカネの取れるサービスでもない。だいたいが接続先が決まっているのなら、一度相手のIPアドレスが分かれば名前解決サービスも必要なくなるわけだし。

 音声通話同様、テレビ電話だってカネの取れるサービスではなくなっているのだから、無料で使えるしかけを用意して光ファイバの利用拡大を図る方が重要だろう。

 いくらブロードバンドとかクラウドとか語っていても、こういったところは昔ながらの電話会社の体質が残ったままだ。

« @nifty IPv6接続オプションの月額210円は暫定 で、いつまで? | トップページ | ムカデ対策に大型ピンセット »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。NTTのサーバを使うのは制御信号(SIP)だけで、実際の音声・映像データはNGN網内のP2P通信です。

3年くらい前にNTT東日本相手に試作をしていたときには、音声、映像ともにNTTのメディアサーバでRTPのパケットが詰め替えられていましたが、仕様が変わったんでしょうか。

プライバシのために通信相手のIPアドレスを秘匿することや、通信帯域を制御するためにサーバで通信量を測定することなど、ひかり電話の機能のためには中継が必須だと思っていましたが、エッジルータで制御できるようになったのかな?

だんだん思いだしてきました。メディアストリームにIPv4を使っていたときには、NTTのメディアサーバ以外にパケットが流れないようにルーティングが制限されていました。このため、どうあがいても、ひかり電話のIPv4のアドレスのもとでは、ひかり電話のサーバ以外と通信はできないようになってました。
IPv6対応が始まってからは調べたことがありませんが、網内折返しができるようになったことで何か変わったかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/55069152

この記事へのトラックバック一覧です: NTT東西が定額テレビ電話 : これがNTTの限界:

« @nifty IPv6接続オプションの月額210円は暫定 で、いつまで? | トップページ | ムカデ対策に大型ピンセット »