2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« MediaTekのMStar買収はテレビメーカーに悪い知らせ? | トップページ | NTT東西が定額テレビ電話 : これがNTTの限界 »

2012年6月26日 (火)

@nifty IPv6接続オプションの月額210円は暫定 で、いつまで?

 総務省のIPv6研究会@niftyが説明した資料が公開されている。

 資料中で、IPv6ではこれまでのIPv4サービスとは別のネットワーク設備が必要になることから、その分の追加費用として月額210円を暫定的に課金しているとの説明がある。

 実際に費用発生しているんだろうから、そうなるのも仕方ないのか。VNEがIPv4 over IPv6を提供するようになれば、設備の二重投資が無くなると期待しているのだが、まだ提供時期の目処は立ってないらしいから、「暫定」はすぐには終わりそうにない。

 エンドユーザにしてみれば、今のところIPv6に移行したからといって目に見える改善があるわけではないので、@niftyのIPv6課金は余計な負担にしか感じない。IPv6への移行を促進したいのなら、IPv4のみのユーザにも広く費用負担させるべきだと思うのだが、@niftyとしては、そこまでIPv6に入れ込んでるわけではないということか。

 IPv6を必要とする魅力的な応用が無いことがIPv6の普及が進まないことの原因の一つと昔から言われていたが、状況は今も変わっていない。
 IPv6化で強気な態度を見せるGoogleなら、何か有効なアプリでも考えているのかも。何という他人任せ。

« MediaTekのMStar買収はテレビメーカーに悪い知らせ? | トップページ | NTT東西が定額テレビ電話 : これがNTTの限界 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/55054153

この記事へのトラックバック一覧です: @nifty IPv6接続オプションの月額210円は暫定 で、いつまで?:

« MediaTekのMStar買収はテレビメーカーに悪い知らせ? | トップページ | NTT東西が定額テレビ電話 : これがNTTの限界 »