2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« 固定通信でデータ収入が音声収入を超えるとき | トップページ | ドコモのパケット料金値下げの記事 »

2012年6月15日 (金)

Interopに行ってきた

 JPIXのブースがあったので、IPv4 over IPv6の提供見込みについて質問してみた。総務省の研究会でソフトバンク系のBBIXがプレゼンしていたように、いろいろと課題が残っていて、まだ目処は立たないらしい。
 IPv4 over IPv6によって、一般家庭のネットワーク環境が整理されて、アプリケーションを考える上では単純になると期待しているのだが、しばらくは無理か。

 デジタルサイネージのエリアでは、以前のように大型の液晶パネルを並べたブースはシャープのみとなって、全体として落ち着いた感じになっていた。システム的な制御や小さくても注意を集められる工夫が展示されるようになっている。
 でかいパネルはインパクトはあるけれど、見る者に情報を伝えるということでは本質的ではないと思う。同様に3Dパネルを使った展示もほぼ消滅。健全な方向だと思う。

 ネットワーク技術関連は、インフラとしての面白さはあるのだが、一般家庭でのユースケースにどんなインパクトがあるかという視点で眺めているので、とりあえずは野次馬的な関心のみ。

« 固定通信でデータ収入が音声収入を超えるとき | トップページ | ドコモのパケット料金値下げの記事 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/54964273

この記事へのトラックバック一覧です: Interopに行ってきた:

« 固定通信でデータ収入が音声収入を超えるとき | トップページ | ドコモのパケット料金値下げの記事 »