2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« ペヤング激辛やきそば : ココイチ3辛ぐらい | トップページ | 南相馬に10万kWのメガソーラー、電気料金へのインパクトは? »

2012年6月20日 (水)

Buffaloから802.11ac(部分)対応ルータ : 速度向上は期待薄

 最近何かと名前を聞くことが多い802.11acだが、Buffaloがさっそく新規格を取り入れたルータを発表した。変調符号化を64QAMの上に256QAMを追加しただけ。一度の符号化で送れるのが64QAMは6ビットで、256QAMは8ビットだから、データ量は8/6で1.3倍と。分かりやすい。

 802.11acの高速化は、符号の多値化の他に使用する帯域幅の拡大とかMIMOとかビームフォーミングとかあるのだが、実際の利用で効果が大きいのは使用する帯域幅の拡大。次に効くのはビームフォーミングによる多重化だが、こっちは複数の端末が同時接続する場合なので、1台の端末では効果を感じることはできない。

 今回発表された製品は256QAMへの多値化だけだが、256QAMなんて電波状態がよほど良くないと使われない。今まで使っていたのがちょっと遅いんじゃないかと感じているのなら、買い替えても間違いなく効果は無いだろう。

« ペヤング激辛やきそば : ココイチ3辛ぐらい | トップページ | 南相馬に10万kWのメガソーラー、電気料金へのインパクトは? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/55011984

この記事へのトラックバック一覧です: Buffaloから802.11ac(部分)対応ルータ : 速度向上は期待薄:

« ペヤング激辛やきそば : ココイチ3辛ぐらい | トップページ | 南相馬に10万kWのメガソーラー、電気料金へのインパクトは? »