2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« ソーシャルゲームのRMTの危うさ | トップページ | ドコモがスマートフォン夏モデルを発表 »

2012年5月16日 (水)

中国のFTTH契約世帯が2011年末に3千万超

 中国のFTTH契約世帯数が2011年末に3千万を超えたらしい。サービスエリアのカバー世帯数の間違いかと思って調べてみると、カバー世帯数の方は年間3千万以上のペースで拡大しているようで、契約数の年間増が1千万になっても不思議はないくらい。
 日本のFTTH契約は2千万ちょいで、年間増はせいぜい200万というところ。人口比例で考えれば、中国の数字も無茶ではない。

 こっちの資料はPDFだが、2ページ目にあるFig.1の表では中国のFTTH契約世帯数が2010年、2011年と1千万契約ずつ増やして、日本を一気に抜き去っている。

 中国は都市人口だけでも7億近くあり、国策でFTTH普及を推進していることもあって、しばらくはこのペースが続いて、そう遠くない先に1億契約を超えることだろう。
 中国のFTTHサービスはChina TelecomとChina Unicomの2社が中国を南北に分割する形でサービスを展開しているが、来年には1社だけでも日本全体を超える世界最大のFTTH市場に成長する。FTTHだけでも新幹線を自転車で追いかけるようなもので、規模では日本はもはや追いつくことはできない。

 さらにChina TelecomやChina Unicomは、固定電話やFTTHだけではなく、映像配信などのサービスから携帯電話まで、あらゆる通信関連サービスを垂直統合で提供している。NTTグループには許されていないこと。

 家庭向け光ファイバサービスで日本は世界最大と言うばかりで、具体的なサービスが発展しないまま何年もぐずぐずしている間に中国に抜かれて2番手に転落してしまった。規模では中国に負けてしまったのだが、はたしてサービスで日本は世界最先端と誇ることができるのだろうか。

« ソーシャルゲームのRMTの危うさ | トップページ | ドコモがスマートフォン夏モデルを発表 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/54727862

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のFTTH契約世帯が2011年末に3千万超:

« ソーシャルゲームのRMTの危うさ | トップページ | ドコモがスマートフォン夏モデルを発表 »