2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« VoDも単品課金になるのか | トップページ | グリーやモバゲーが利用額制限、でもカネを取る気は満々 »

2012年4月20日 (金)

VerizonがDSLをLTEで置き換え

 英文記事。米国の大手通信事業者であるVerizonが、同社の光ファイバサービスであるFiOSの提供地域ではDSLに新規契約を停止することにしたとのこと。

 Verizonは、今年3月にLTEを使った家庭向けブロードバンドサービスであるHomeFusionを発表しているので、そのことと考え合わせると、DSLをやめてLTEに巻き取っていく可能性もあると記事中には書かれている。

 もうちょっと想像を広げると、Verizonは、メタルインフラの採算性の悪い地域ではインフラごと他社に売り払っていたりするから、収益性の高いデータ通信の契約者をLTEに移行させた後で、残りカスの音声通話のみの契約者をインフラごと売り払うんじゃないだろうか。残りカスとはいえ、ユニバーサルサービス制度による補填があるので収益は出るから、売れないことはないだろう。Verizonとしては、ユニバーサルサービスという足枷から解放されて高収益の事業に集中できるから、企業価値を上げることができる。

 HomeFusionは、下りが5~12Mbps、上りが2~5Mbpsで、そこそこ速い。月額60ドルというのはちょっと高いような気がするが、サービスの詳細が分からないし、戦略的に安いプランを用意してくるかもしれない。

 これに関連する動きが、VerizonがCATV事業者からAWS-1という携帯電話用の無線バンドを購入しようとしていること。これがうまくいけば、DSL巻き取り用の通信帯域も手当てできるだろう。

 ほとんど推測なので、実際のところはどうなるか分からない。だが、ストーリーのダイナミックさにはワクワクするものがある。NTTをめぐるチマチマした動きを長年見てきていると、こういったやりかたをうらやましく感じてしまう。

« VoDも単品課金になるのか | トップページ | グリーやモバゲーが利用額制限、でもカネを取る気は満々 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/54520993

この記事へのトラックバック一覧です: VerizonがDSLをLTEで置き換え:

« VoDも単品課金になるのか | トップページ | グリーやモバゲーが利用額制限、でもカネを取る気は満々 »