2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« 歯の治療 : インレーが外れたのでレジンにしてもらった | トップページ | 東京電力 電気料金を2割値上げへ »

2011年12月22日 (木)

NTT東日本が「光ステーション」のレンタルを開始

 店舗で公衆無線LANを提供するための無線ブロードバンドルータを、NTT東日本がレンタル提供するサービス

 「光ステーション」というネーミングには、微妙に違和感がある。接続先がフレッツ光ネクストってだけで、一般ユーザが利用するのはあくまでも無線LANのみだから「光」であることなんか意識しないわけだし。
 提供している店の店頭に回転灯でも設置してピカピカ光らせればいいんじゃないだろうか。設置してあることが外から分からなければ、客寄せにならないわけだし。

 無線LANはマルチSSIDで、利用目的ごとにSSIDを切り替えて使う。セブンイレブンなどで提供しているものもこんな感じなのだろう。光ステーションの仕様には、使えるSSIDの数までは書かれていない。SSIDの数に余裕があるなら、ドコモやソフトバンクの公衆無線LANサービスを相乗りさせてもいいんじゃなかろうか。それで店が追加料金を取るとか。無理か。

 NTTのフレッツ・スポットサービスの拡大も目的になってているので、ルータは無料でレンタルされるわけだが、フレッツ光ネクストの回線は自前で用意しないといけない。店舗が自分で利用している回線に追加するという形なので、当然ではあるか。
 だが、「提供対象のアクセスサービス」を見ると、コンシューマ向けの回線タイプなんだよな。

 公衆無線LANってのはアクセス回線の又貸しみたいなもんなのだが、コンシューマ向けのフレッツ回線でそれをやってもいいのか。FONで話題になってたことがあったが、今回はNTT東日本が自らやるわけだが、いいのかね。

 時間ができたらフレッツ光ネクストの約款を確認してみよう。光ステーションに対応するISPまで指定されているので、あくまでNTT東日本が認めた範囲であって、一般的に又貸しを認めたわけではないのかもしれない。

 無線LANのチャンネル数はたいして多くないわけだし、都心なんかだと混雑しすぎで干渉による速度低下も珍しくない。できるだけ多くのサービスが相乗りしてくれれば混雑対策に少しは効果があるし、利用者にとっても使えるところがどんどん拡がってうれしいんだが。

« 歯の治療 : インレーが外れたのでレジンにしてもらった | トップページ | 東京電力 電気料金を2割値上げへ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/53539788

この記事へのトラックバック一覧です: NTT東日本が「光ステーション」のレンタルを開始:

« 歯の治療 : インレーが外れたのでレジンにしてもらった | トップページ | 東京電力 電気料金を2割値上げへ »