2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« フレッツ・v6オプション 登録完 | トップページ | フレッツ・テレビはアナログ放送終了より前にデジアナ変換に切り替えられた »

2011年7月23日 (土)

フレッツ・v6オプションでハイスピードタイプは無意味になるか?

 フレッツ光ネクストの通信速度は、下り方向の速度は、通常のファミリータイプが100Mbpsであるのに対して、ファミリー・ハイスピードタイプが200Mbpsになっている。上り方向はどちらも100Mbpsで同じ。

 これに対して、フレッツ・v6オプションを設定すると下りの最大速度はGE-PONの上限である1Gbpsになる

 GE-PONの帯域制限なんて各家庭のONUに対してどれだけ割り当てるかくらいの制御しかできないから、v6オプションによってハイスピードタイプとは関係なく1Gbpsになってしまうだろう。実質的にハイスピードタイプは無意味になると・・・。

 ・・・ホントか?

 現在、フレッツ・v6オプションはすでに「利用中」になっているのだが、ルータのPR-S300SEのWAN側のリンク状態を見ると、100Mbpsのままだ。これって、ONUの設定が変わってないってことだよな。リンク速度が100Mbpsじゃ、下り1Gbpsとか関係ないじゃないか。

 100Mbps超える通信速度なんて実使用上は意味ないと思っているのでどうでもいいんだが、このへんの機器設定をNTTがどう考えているのか興味があるので、サポート窓口にちょっと問い合わせてみるか。

« フレッツ・v6オプション 登録完 | トップページ | フレッツ・テレビはアナログ放送終了より前にデジアナ変換に切り替えられた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/52282543

この記事へのトラックバック一覧です: フレッツ・v6オプションでハイスピードタイプは無意味になるか?:

« フレッツ・v6オプション 登録完 | トップページ | フレッツ・テレビはアナログ放送終了より前にデジアナ変換に切り替えられた »