2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« Netflix に兆す不吉な影 | トップページ | 欧州通信事業者がコンテンツ配信事業者に対する課金を提言 »

2011年7月13日 (水)

NTT東西のIPv6ネイティブ接続方式が認可された

 NTT東西から総務省に申請されていたIPv6ネイティブ方式のサービスに対して、総務省から認可の判断が出たBIGLOBEなどが発表していた7月26日のサービス開始には、十分間に合うか。

 いろいろ意見は出されているが、IP通信が当たり前の時代になって「インターネットサービスプロバイダー」の存在に意味が無くなっていることや、サービスとして価値を生み出すのが上位のアプリケーションになってIP通信インフラの産業としての重要性が低下していることなどを考えれば、取るに足る意見は無い。

 こうあっさりまとめられているところを見ると、7月26日というのは当初から確定だったか。

 サービスの認可は済んだとして、次はネイティブ方式を活かしたアプリケーションがいつどれだけ出てくるかだな。技術的なハードルは低いのだから、小回りの利くベンチャーが飛び出すチャンスだろう。

 この日を見越して、一般消費者向けの製品におもしろ機能を押し込もうと数年前からあれこれ画策してきたのだが、とうとう時間切れ。やっぱ小ネタから地味にやらないとダメなのかね。

« Netflix に兆す不吉な影 | トップページ | 欧州通信事業者がコンテンツ配信事業者に対する課金を提言 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/52198605

この記事へのトラックバック一覧です: NTT東西のIPv6ネイティブ接続方式が認可された:

« Netflix に兆す不吉な影 | トップページ | 欧州通信事業者がコンテンツ配信事業者に対する課金を提言 »