2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« フレッツ・v6オプションの1Gbpsにはハイスピードタイプが必要 | トップページ | IPv6サービス、BIGLOBEは対応中、@niftyは対応予定のまま »

2011年7月26日 (火)

DTIがプロバイダ料金無料のサービスを提供

 ただし、NTTフレッツ光の新規契約者限定と。アナログモデムで接続してた頃から無料プロバイダはあったが、今頃新たに始めるのは珍しい。

 ユーザのネットアクセス行動の統計情報を収集して売り飛ばすようなことが書いてあるが、月額500円のプロバイダだってあるし、メールやブログなんかは同類の発想でフリーのものがあるのだから、できなくはないわな。

 とかなんとか考えつつよく読むと、「NTT東日本の支援で実現できた」とある。
 フレッツの新規契約獲得の奨励金に加えて、DTIからNTTに接続するための料金も割り引いてもらってるのかもしれない。だとすると、期間限定の可能性もあると思うのだが、どうだろうか。長期的にはNTTの接続料金は下がっていくことになっていたから、その先取りの可能性もあるか。その場合は、他のISPに対する接続料も下がってきた時点で競争力が低下してアウトかも。

 もっと先を見るなら、IPv6のネイティブ方式であればISPがやる最低限のことはユーザ契約をNTTに取り次ぐことだけなんだから、無料ISPが普通になったりして。つか、メールとかブログとかのアプリを売る商売になって、ISPというビジネスが消滅するわけだが。

« フレッツ・v6オプションの1Gbpsにはハイスピードタイプが必要 | トップページ | IPv6サービス、BIGLOBEは対応中、@niftyは対応予定のまま »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/52310220

この記事へのトラックバック一覧です: DTIがプロバイダ料金無料のサービスを提供:

« フレッツ・v6オプションの1Gbpsにはハイスピードタイプが必要 | トップページ | IPv6サービス、BIGLOBEは対応中、@niftyは対応予定のまま »