2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« ソフトバンクが接続料問題で反論 | トップページ | 携帯電話事業者はGoogleやAppleとどう戦うのか »

2011年6月10日 (金)

Interopに行ってきた

 今日が最終日のInteropに行ってきた。毎年行ってるんだが、なんかこう、さらにこぢんまりとした感じ。

 JPNEとNTTコミュニケーションズのブースに行って、フレッツ光ネクストのIPv6サービスへの対応について、ほじくり返してきた。NTTグループのブースはデジタルサイネージ関係のみだったので関係無し。

 トンネル方式もネイティブ方式もNTT東西からきっちり仕様を指定されているらしく、アプリケーションの視点では大差ない感じになるみたい。プレフィックスについては、ほぼ固定的なものが1つ振られるとのこと。アドレストラッキング対策の非固定プレフィックスは無理みたい。OCNが前からやってるIPv6サービスでは、固定、非固定を各1個振ってたから、その点では機能低下ではある。
 トンネル方式では、ISP次第である程度独自のサービスが提供できるかと思っていたのだが、NTT東西から与えられた仕様を守らないといけないらしい。ちょっと意外だが、当然という感じもしないでもない。

 アドレストラッキングでプライバシ問題出てきたらどうなるんだろうとか気になるが、どっちの方式でも同じみたいなので忘れることにする。

 ま、最終的にはNTT東西自身から仕様が公開されないことには正式なことは分からないんだが、技術的にはごく普通の内容になっているみたいなので、アプリ側ではあまり頭を悩まされることもなさそうだ。

 そうそう、7月26日提供開始予定ってのも、ほんとは出しちゃいけなかったらしい。順調にいけばそのくらいかな、とか言ってたのをポロッと出しちゃったんだろうね。あの発表のしかたからすると、たしかにそんな感じっぽい。

« ソフトバンクが接続料問題で反論 | トップページ | 携帯電話事業者はGoogleやAppleとどう戦うのか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/51906556

この記事へのトラックバック一覧です: Interopに行ってきた:

« ソフトバンクが接続料問題で反論 | トップページ | 携帯電話事業者はGoogleやAppleとどう戦うのか »