2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« Android 2.3 のSIP電話機能 | トップページ | NTTがフレッツ光のIPv6サービス開始を発表 »

2011年5月26日 (木)

フレッツ光ルータの設定メニューにIPv6網内折り返し対応の項目が追加

 5/24にフレッツ光のひかり電話ルータのファームウェアが一斉にバージョンアップされたのだが、新しいファームウェアでは、設定項目にIPv6網内折り返し機能に対応した項目が追加されている。ただし、300シリーズ以降限定。

 設定項目は、IPv6のフィルタリングで、網内折り返し通信のパケットをフィルタリングするかしないかを指定するもので、フィルタリングする場合には個別の接続先ごとに条件を設定できるようになっている。

 個別のフィルタリングルールではIPアドレスを指定するようになっているが、これはやはりIPv6プレフィックスが固定的に割り当てられることを意味するものだろうか。アドレストラッキングを防止するために非固定にして欲しかったんだが、ダメなのかな。
 ひかり電話のようなNTTのサービスを利用する場合には、セッションに連動してフィルタリングの開け閉めするということかな。開閉できるとしたら、開閉操作をユーザアプリにも開放してほしいところだが、SIPでやったりするとか。

 ま、とりあえずファームが準備されたってことで、IPv6サービスの開始も近いと期待する。いや、その前に網内折り返しで別料金を請求するとかいうハナシはどうなったんだっけか?

« Android 2.3 のSIP電話機能 | トップページ | NTTがフレッツ光のIPv6サービス開始を発表 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/51771466

この記事へのトラックバック一覧です: フレッツ光ルータの設定メニューにIPv6網内折り返し対応の項目が追加:

« Android 2.3 のSIP電話機能 | トップページ | NTTがフレッツ光のIPv6サービス開始を発表 »