2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« ソフトバンクでは接続料が利益 | トップページ | 米国でSNSにプライバシ情報の非公開をデフォルトにさせる法案が »

2011年5月19日 (木)

米国人の4分の3がGoogleやFacebookは個人情報を多く持ちすぎていると考えている

 オンラインサービスが個人情報を持ちすぎているかどうかに関して、アメリカでアンケート調査した結果に関する記事

 回答の76%が、オンラインサービスが利用者の情報を多く持ちすぎているとしている。

 このような強い警戒感は、サービス側が個人情報を商売に利用しようとすると、強烈な反発として噴出し、場合によっては大規模な損害賠償訴訟に発展する。
 なんつってもクラスアクションのある国だからね。全消費者を代表して訴訟を起こせば、請求される賠償額はすぐに数千億円になる。

 まだほとんど収益を生み出していないFacebookの企業価値が150億ドルとか言われているのは、膨大な個人情報を集積していることに対する期待だが、現実にその個人情報を商売に利用しようとすると、強い反発が出る。Facebook Beaconの騒ぎなんか典型例だ。Facebookがもてはやされるようになってから何年にもなるが、期待される企業価値に見合うだけの収益源をいまだに見出せていない。

 ソーシャルサービスが新しい産業になるのかもうひとつのバブルに終わるのか、まだ結論は見えていない。成功の可能性はあるとしても、そこに至る途はとても細くて微妙なバランスを求められる。

« ソフトバンクでは接続料が利益 | トップページ | 米国でSNSにプライバシ情報の非公開をデフォルトにさせる法案が »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/51716507

この記事へのトラックバック一覧です: 米国人の4分の3がGoogleやFacebookは個人情報を多く持ちすぎていると考えている:

« ソフトバンクでは接続料が利益 | トップページ | 米国でSNSにプライバシ情報の非公開をデフォルトにさせる法案が »