2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« 太陽光発電は補助金無しで成立するか | トップページ | 総務省がインターネット上の流言飛語への対策を関係団体に要請 »

2011年4月 4日 (月)

Verizon の光ファイバサービスはうまくいってないかも、という記事

 VerizonのFTTHサービスというのは、欧米では品質、規模ともにトップレベルにあり、事業面でも成功しているとみなされているんだが、それに疑問を投げかける記事。

"Is Verizon's Bet on FiOS Paying Off?"

 疑問の根拠というのが、地方向けに通信事業しているFrontierという会社に対してVerizonが田舎のメタル回線を売り払った際に、メタル線とセットで売ったFTTH回線があって、その収益が思わしくないみたいだから、VerizonのFTTHサービスが黒字ってのは嘘じゃないかということ。

 記事をよく読むと、うまくいってないのはFiOS TVという多チャンネル放送サービスのようだ。日本ならスカパー!光に相当する部分。この部分は規模がモノを言うので、利益の出やすい大都市はVerizonが押さえたままで地方だけ売り払ったんだから、うまくいかなくて当然ではある。

 会計の偽装に厳しいアメリカで、あれだけの規模で投資と事業をしているサービスで粉飾があるとは考えられないので、記事のVerizonに関する推測の部分は間違いだろう。興味深く感じたのは、FTTH事業が売り払われた地域では、ユーザが利用していたFiOS TVというサービスが利用できなくなってしまうということ。

 衛星放送という代替サービスがあるわけなのでユーザは絶体絶命ってわけじゃないし、市場経済はそういうもんだと言うこともできるが、ユーザにしてみれば面白くないだろうねぇ。

« 太陽光発電は補助金無しで成立するか | トップページ | 総務省がインターネット上の流言飛語への対策を関係団体に要請 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/51303365

この記事へのトラックバック一覧です: Verizon の光ファイバサービスはうまくいってないかも、という記事:

« 太陽光発電は補助金無しで成立するか | トップページ | 総務省がインターネット上の流言飛語への対策を関係団体に要請 »