2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« 光ファイバ誘致運動 | トップページ | 米AT&Tがブロードバンドの従量課金を開始 »

2011年4月28日 (木)

欧州大手通信事業者がコンテンツ提供業者に課金を検討

 フランステレコムをはじめとする欧州の大手通信事業者が、Youtubeなどの多量のトラフィックを発生させているサイトに対して費用を徴収できないかと検討しているという記事

 固定料金のブロードバンドサービスがあたりまえになっているものの、現在の料金水準では大容量のビデオコンテンツをダウンロードするのに耐えられるだけのインフラを構築する費用が回収できないんだから、どこかに費用を払わせようとするのは当然だろう。だが、請求先をコンテンツ供給側にするのは無理がある。

 コンテンツ供給業者が現れるたびに費用交渉するなんて現実的じゃない。だからといって、ダウンロードしているユーザ側に、ダウンロード量に応じた従量制を導入するのも、それほど簡単なことじゃない。

 データのダウンロードコストは、どのような経路でデータが転送されたかによって変わる。Youtubeの様に外部のネットワークから来るトラフィックはコストが高いが、同じネットワークの他のユーザとの間のトラフィックは低コストで済む。こういった状況に対して適切な課金をするのは、とても難しい問題だ。とはいえ、実際にコストが発生しているのにそれを回収する手段を用意できないのではサービスが発展することが難しくなるのだから、できるだけ早く解を見出さなければならない。

 インターネットの黎明期には、拠点間の通信路は参加組織のボランティアで維持されていたのだが、無駄なトラフィックを発生させる使い方は徹底的に叩かれていた。それによってバランスが保たれ、ネットワークがなんとか稼働していた。今のような使った者勝ちの状態は、本来はバランスがとれず存続し得ない状態のように思われる。

 インターネットは、かつての研究ネットワークではなくビジネスの場になっているのだから、トラフィック量に対する課金の仕組みを早急に決めるべきだ。欧州とか日本とかの地域の問題ではなく、世界的に統一的な扱いを打ち出すべきだと思うのだが。

 ややこしい話を考えてたら眠くなった。

 おやすみ。

« 光ファイバ誘致運動 | トップページ | 米AT&Tがブロードバンドの従量課金を開始 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/51519620

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州大手通信事業者がコンテンツ提供業者に課金を検討:

« 光ファイバ誘致運動 | トップページ | 米AT&Tがブロードバンドの従量課金を開始 »