2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« Galaxy S セラミックホワイト発売 | トップページ | Galaxy S のソフトウェアアップデート »

2011年2月23日 (水)

地域DSL事業者がNTTの光ファイバ分岐貸しを要求

 きょう夕方から総務省でNTTの光ファイバ接続料改定に関するヒアリングが開催されたのに合わせて、地域ADSL事業者が光ファイバの分岐貸しを要求したという記事

 もともとADSLなんて、ISDNから光ファイバへ一気に大ジャンプをやらかそうとしてNTTがもたついていた間の隙間サービスでしかなかった。光ファイバサービスが本格的に立ち上がれば消え去るビジネスであったことは明らかなのに、なぜ無理して存命させる必要があるかね。

 アクセス網の貸し出しなんてのは、物流で言えばメーカーとユーザの間に卸、仲卸、小売りと中間マージンを稼ぐ業者を突っ込むみたいなもんで、メーカーからユーザに直接販売できるのなら、コスト高になるだけで百害あって一利無し。NTTに値下げさせた差額で価格競争するのは、NTTのユーザにコスト負担させて利益を得ようというのだから、ほとんど寄生虫みたいなもの。

 事業環境が変わってしまったのだから、国の規制を頼りにユーザのコスト増になるような事業存続を図ろうとせず、ユーザサポートや地域の情報サービスなど、ターゲットをより上位のアプリケーションに移すことで生まれ変わることを考えるべきだ。

« Galaxy S セラミックホワイト発売 | トップページ | Galaxy S のソフトウェアアップデート »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/50945796

この記事へのトラックバック一覧です: 地域DSL事業者がNTTの光ファイバ分岐貸しを要求:

« Galaxy S セラミックホワイト発売 | トップページ | Galaxy S のソフトウェアアップデート »