2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 米国ブロードバンドインフラの状況 | トップページ | ひかりTVが黒字化するらしい »

2011年1月18日 (火)

MySpace と Facebook、そしてNTT

 Facebookの日本進出本格化の噂が出てきたのにあわせて、あれこれ報じられている。

 FacebookがMySpaceとの競争に勝ったことについてもあれこれ論じられたりしているが、MySpaceはネット上の仮想的な社会を提供するだけのもので、それまでに存在していたサービスの延長線上にしかない。対してFacebookはネットから離れた実社会の人間関係にも密接に絡み合っている。
 ユーザの生活を考えれば、ネット上の社会よりも実生活の方が桁違いに規模が大きい。盛り上がりは早くても消えるときにはあっという間に消滅してしまうネット社会に対して、実生活の方は10年単位で継続する。そもそも比較するのが間違いだったのだろう。

 だが、Facebookの困難さは、扱う情報がユーザのプライバシーに関わるものであるところにある。ユーザ情報を他社に提供しようとしたとして糾弾されることを繰り返しているが、大量の個人情報を抱えていても、それを簡単に商売にすることができない。4兆円もの企業価値があるとされながら、現実には数十億円の利益しか上げられず、将来大きな利益が出るかも不明。おそらく大きく発展するのは、FacebookではなくFacebookを使ったサービスの方だろう。4兆円は過大評価に過ぎる。

 ユーザが実生活で利用する様々なサービスをFacebookに依拠させるようにすることで、Facebookは社会に不可欠なサービスになっていく可能性がある。だが、大きな利益は上げられない。それはまさに、社会を支える公共的な基盤だ。

 社会に必須のものとなっていくのであれば、それを海外の一私企業に任せるのは適切とは思えない。かといって、国にやらせるのも、税金の無駄遣いの温床になりそうでイヤだ。そこで出てくるのがNTTですよ。電話やアクセス網契約の延長で各個人にIDを発行するインフラを提供し、収益を産むアプリケーションはNTTと同列に他社にも自由に開発させる。これで日本のIT産業は大発展。な~んてのを10年近く言い続けてるんだけどね。

« 米国ブロードバンドインフラの状況 | トップページ | ひかりTVが黒字化するらしい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/50624655

この記事へのトラックバック一覧です: MySpace と Facebook、そしてNTT:

« 米国ブロードバンドインフラの状況 | トップページ | ひかりTVが黒字化するらしい »