2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« つくばフォーラム2010に行ってきた | トップページ | 「光の道」は本当に価値ある使い方を示せ »

2010年10月23日 (土)

つくばフォーラム・・・「IPv6アドレス認証」って何?

 つくばフォーラムの講演やセミナーの資料が、今日からダウンロードで入手できるようになった。都合で聴講することのできなかったNTT東日本副社長の特別講演の資料を、さっそくチェック。

 おおむね予想の範囲の内容だったのだが、IPv6サービスに関して気になる文句がある。「クラウド+IPv6アドレス認証」、「IPv6アドレスを持ち運べることによって、自分の環境の持ち運びが可能」とか。

 ユーザ認証か端末認証か分からないが、何らかの認証によってどこに移動しても同じIPv6アドレスが振られるようにして、IPv6アドレスを鍵にしてクラウド上に保管されたユーザ環境をどこでも利用できるようにするとでもいうのか。なんだかおかしい。

 IPアドレスはルーティングのための情報であって、端末やアプリケーションの認証に使うべきものではない。認証はアプリなど上位層の話であって、また別の仕組みを用意すべきだ。

 IPv6のネイティブ接続のサービスが始まるまで、あと半年くらい。そんなに近くなったのに、IPv6ネットワークを使ったサービスの現実的な構想が出てこないのが不思議だった。
 「IPv6アドレス認証」の正体が不明だが、なんだか残念な内容になっているような気がして心配になってきた。

« つくばフォーラム2010に行ってきた | トップページ | 「光の道」は本当に価値ある使い方を示せ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/49818154

この記事へのトラックバック一覧です: つくばフォーラム・・・「IPv6アドレス認証」って何?:

« つくばフォーラム2010に行ってきた | トップページ | 「光の道」は本当に価値ある使い方を示せ »