2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

台風ついでに光ファイバの心配をしてみる

 台風が来た。強風に大雨で電柱に張られている光ファイバは大丈夫だろうかと、勝手に心配してみることにする。

 光ファイバはガラスであるので、機械的なストレスに弱い。ガラスに機械的な力が繰り返し加わると、微細な傷が次第に成長して最後には破断に至る。
 各家庭に引き込むドロップケーブルと呼ばれる光ファイバケーブルは、あちこちでブラブラしていて機械的なストレスを受けやすい。今日のような台風の強風だけでなく、カラスが遊びで引っ張ったり、トラックなどの重量車両が通過する際の電柱の振動もストレスの原因になる。柔らかい銅線に比べて、ガラスは硬くて割れやすいので、機械的ストレスに弱いのだ。

 ガラスは水で「錆びる」。一般的な感覚では、ガラスの花瓶に水を入れておいてもなんともないのだから、光ファイバは水に強いと思ってしまうのはしかたのないこと。しかし、光ファイバのような微細なものになると、そんな思い込みは通用しない。
 ガラスの割れ目に水が作用すると、割れ目に変形が起きて割れが徐々に成長する。ガラスのコップのような分厚いものでは何ともなくても、光ファイバのような細いものでは何年もしないうちに破断する。高圧の水中に敷設される海底光ケーブルでは厳重な防水対策が行われているし、NTTでも地下管路の光ケーブルには浸水を検出する手段が設けられている。
 光ファイバの製造過程で表面に傷ができてしまうのは避けられない。光ファイバを湿気から守る役目の被覆は、紫外線や空気中の化学物質で劣化する。光ファイバの被覆の寿命はメタル線の被覆と変わらない。被覆の劣化は、ドロップケーブルのような細くて機械的なストレスのかかりやすいところの方が深刻になるだろう。

 そうやって考えてくると、ドロップケーブルが長い方が保守費が高くなるように思われる。この近所でNTTとKDDIの光ファイバを比較すると、AOFクロージャを大量にばらまいて面で整備できているNTTに比べて、幹線道路しか整備されていないKDDIはドロップケーブルの長さがNTTの5倍以上ある。故障率はケーブルの長さに比例するだろうから、KDDIはなかなか大変そうだと勝手に心配したりする。

 さて、枕はこのへんにして本題に入ろう。

 ソフトバンクの「光の道」のプレゼンで、メタルの通信線は錆びるが光ファイバは錆びないので長持ちで維持費が安いという主張があったが、上記のような事情を考えると、とても受け入れることはできないと思う。ソフトバンクは、日本テレコムを吸収したことで固定網でも大手通信事業者の一角を占めているのだから、こういった問題を知らないはずがない。
 一般人の誤解に付け込もうとしているのか、あるいは私のようなマニアレベルではキャッチできない新たな技術革新があったのか。

 グダグダ書いてたら、台風は行っちまったらしく、妙に静かだ。だいぶアルコールも回ってきたし、ここらで寝るとしよう。

2010年10月28日 (木)

ソフトバンクの「光の道」新提案に対する疑問

 もともと全編これ疑問だらけなのだが、先日の記事で間違いなく疑問点として挙げないといけないのが、施設保全費に関して、NTTとソフトバンクの主張で2,500億円もの違いがある点だ。

 こんなに巨額の差が間違いでしたなどとなれば、収支の試算など軽く吹き飛ばされてしまう。十分な説明・検証が必要だ。

 この点に関して、Ustreamに上げられている説明会の様子をざっと眺めてみたのだが、該当する箇所はかるく流されてしまって説明がなかった。やはり信用ならない。

 また、前半のところでメタル線の保全コストが高いことを説明するために、NTTの作成したいつもの資料が引用されていたが、これは誤った解釈をしている。

 NTTの資料は、メタル線の定期更新をやめて耐用年数を超えて使っているので、今後故障率が激増していくというもの。定期更新をやめたことによる経費節減は、ユーザの支払う月額料金の値下げにつながっているので、NTTが手抜きをしているわけではない。

 グラフでは、メタル線の故障率が急増する時期が20年よりちょっと手前になっている。法定耐用年数は15年なので、それより大幅に長いわけではない。で、光ファイバの耐用年数がこれより長いかというとそうでもなくて、実用上は15~20年だろうと言われている。この点に関して、ソフトバンクが今回提示している資料でも、光ファイバの引き込み線の耐用年数を15年としており、特に長い寿命を想定しているわけではないので矛盾がある。

 NTTの資料をもとに考えたとしても、光ファイバの保全コストはメタル線と同じくらいかかってしまう。メタル線はコスト高だから光ファイバにしろ、というのは根拠がない。

 そもそも大量の光ファイバの引き込み線を敷設するのは、NTTでも始まって数年しか経っていない。世界的に見てもNTTが最先端だろう。NTTですら確実な予想ができないのに、ソフトバンクが「自社の経験」を持ち出して適切な試算ができるとは思えない。

2010年10月26日 (火)

Google TV ・・・ テレビじゃない

 機会があって Google TV をいじくってみたのだが、ありゃパソコンであってテレビじゃない。

 Google TV の個々の機能は理解できるし、意図は分からないでもない。だが、パソコン感覚で使っている分にはどうということもないが、ふつうにリビングのテレビで使っているところが想像できない。機能豊富というのはややこしいということと表裏で、あのメニューをテレビで操作しているところを考えてみただけで辟易してしまう。

 いらん。

「光の道」は本当に価値ある使い方を示せ

 ソフトバンクの孫社長が「光の道」でなにやら発表の記事

 数字の検証は、部外者には確認のしようがないので突っ込むこともできないのだが、これまでNTTが数兆円をかけて整備してきた光ファイバーのアクセス網を、わずか数千億円の出資で好き勝手できるようにしようというのは、虫が良すぎるようにも思う。

 先頃、総務省が電気通信サービスの契約数を発表したが、こいつの7ページにメタル線を使ったブロードバンドサービスであるDSLの契約数の推移がある。いわゆるノーズダイブというやつで、頭から水に飛び込むように急速に衰退している。
 薄利で契約数を拡大することでビジネスを成立させてきたADSLサービスは、このような大幅な契約数の減少には耐えられない。5年くらいで破綻するのではないか。ソフトバンクのブロードバンド事業はこの危機の最中にある。残された時間が少ないからこその「光の道」推進ではないのか。

 「光の道」以前に、税金によるブロードバンド整備事業は何年も前から補助金の形で推進されている。これに関して会計検査院が無駄を指摘した資料を公開している。
 補助金の投じられた事業の総額は460億円。最高の効率で行われてはいないかもしれないが、相当な規模だ。地デジ移行を促進するためのケーブルテレビと、ブロードバンドの2つのサービスが目的となっている。
 ケーブルテレビサービスについては、一般のケーブルテレビ事業と同じくらいの契約数を獲得できているが、ブロードバンドサービスについては、加入率が著しく低いために無駄があるとしている。
 ブロードバンドは、自治体が積極的な加入促進策を打つことで、全国平均と同等の加入率を達成している例があることも報告されているが、そうまでしても平均以上の加入率を得られないことの方に深刻な問題を感じる。誰もが必要としているサービスではないのだと。
 「光の道」の議論でカルテや教科書の電子化が応用例としてあげられているが、この状況を変えるだけの力があるとは思えない。

2010年10月23日 (土)

つくばフォーラム・・・「IPv6アドレス認証」って何?

 つくばフォーラムの講演やセミナーの資料が、今日からダウンロードで入手できるようになった。都合で聴講することのできなかったNTT東日本副社長の特別講演の資料を、さっそくチェック。

 おおむね予想の範囲の内容だったのだが、IPv6サービスに関して気になる文句がある。「クラウド+IPv6アドレス認証」、「IPv6アドレスを持ち運べることによって、自分の環境の持ち運びが可能」とか。

 ユーザ認証か端末認証か分からないが、何らかの認証によってどこに移動しても同じIPv6アドレスが振られるようにして、IPv6アドレスを鍵にしてクラウド上に保管されたユーザ環境をどこでも利用できるようにするとでもいうのか。なんだかおかしい。

 IPアドレスはルーティングのための情報であって、端末やアプリケーションの認証に使うべきものではない。認証はアプリなど上位層の話であって、また別の仕組みを用意すべきだ。

 IPv6のネイティブ接続のサービスが始まるまで、あと半年くらい。そんなに近くなったのに、IPv6ネットワークを使ったサービスの現実的な構想が出てこないのが不思議だった。
 「IPv6アドレス認証」の正体が不明だが、なんだか残念な内容になっているような気がして心配になってきた。

2010年10月21日 (木)

つくばフォーラム2010に行ってきた

 NTTのつくばフォーラムに行ってきた。

 NTT東西のアクセス網関連の技術や製品の展示会で、もう長いこと展示の主役は光ファイバ関連。しかし、一昨年あたりから目立った進歩がなくて、野次馬としては面白さがない。

 スプリッタなどの機材は小型化が進むなど確実に改善されてきているし、工法や配線の整理のしかたなども洗練されてきている感じで、作業の効率や信頼性は確実に向上している。進歩というより熟成というべきか。

 光ファイバのインフラは、メタルほどの手軽さはないにしても、メタル並みにあたりまえの設備になっていると思う。

 このあたりまえになった光ファイバインフラを使って、NTT東西はどのようなサービスを提供していこうとしているのか。そろそろ具体的なものを打ち出さないと、本当に土管屋になってしまう。

 いつもの年は初日のNTT東西のトップによる講演を聞いていたのだが、今年は都合で2日目にしか行けなかった。何か面白い計画でも出てきていたらいいのだが。

 個人的な興味では、光アクセス網の故障事例が面白かった。局内の光コネクタが、ファイバの断面の汚れのせいで発熱してコネクタが溶けることがあるというのは衝撃の事実。そんなに強力な光を使ってるんだ。あぶねー。

2010年10月18日 (月)

auがSkypeを利用可能に・・・回線交換で

 auがスマートホンでSkypeを利用可能にすると発表した。ところが、パケット通信サービスでやるかと思ったら、なんと回線交換でやるときた。

 回線交換というのは、音声通話にも使われる帯域保証サービスで、通信速度は低いが、パケット通信よりも優先して帯域が確保される。時間単価も通信量あたりの単価も、通常のインターネットアクセスに利用されるパケット通信よりも、はるかに高価なサービスだ。

 この高価なサービスを使うというのに、Skype同士の通話なら無料でできるということで、なかなか大胆ではある。Skypeを使うユーザが増えたら、パケット通信どころか一般の音声通話まで圧迫されてしまうことになるのだから、よほどSkypeを使うユーザは少ないと踏んでいるのだろう。

 auとしては、サービスコストの高い回線交換は、できればSkypeには使いたくなかったことだろう。なのに回線交換を使ってしまったということは、auのパケット通信網の品質に問題があることを意味するのではないか。Skypeの音声通話で必要なたかだか数十kbps程度の帯域を安定して確保することができないということ。あるいは、パケット通信に対して、端末ごとにきめ細かな帯域制御ができなくて、極端に通信速度や応答速度が低下することが避けられないとか。

 携帯電話網の通信帯域なんてその程度のものだとは思うけれど、基地局密度が低い地方部で回線交換を使うのはしかたないとしても、都市部ではパケット通信でできなかったのだろうか。

 もっとも、回線交換がいくらコスト高とサービスとはいえ今の音声通話料金が高すぎるわけで、携帯電話事業者にとってはボロもうけのできるサービスになっている。データ通信で高額の月額料金を払っているユーザに対しては、音声通話を無料にしたっていいはずだと思う。
 また、LTEになれば音声通話もパケット通信で提供されると言われているので、Skypeとは関係なく音声通話料金は下がることだろう。

 まぁ、スマートホンでSkypeを使うユーザは、PC環境でヘビーにSkypeを使っていてモバイル環境でも使いたいと考えている人がほとんどであろうし、無料通話だけが目的のユーザはまれだと思うから、料金をどうこう言っても意味は無いか。
 むしろ、Skypeからauの端末認証の仕組みを使えるかとかいったことの方が重要だな。Skypeの着信表示にau携帯の電話番号が勝手に出るとか。もしそうなったら、auがSkypeにサービスの本丸を開放するということになるので、野次馬としてはすごく面白いのだが。au落城、ってなもんで。

2010年10月17日 (日)

電子レンジでチャーハン、やっぱり美味しくない

 電子レンジだけで調理するチャーハンのレシピをあれこれ試してみたのだが、やはりチャーハンとしては不味い。

 レンジにかけてはほぐすことを繰り返せば、ご飯粒がくっつかなくはなる。だが、ふつうに炊いてあるご飯だと水分が多いので、レンジの加熱で水分を飛ばすのが難しい。パラッと香ばしい感じにはならず、パラパラしてるけど口に入れるとボソボソして柔らかく食感が悪い。

 チャーハンの調理をする前に、ご飯を皿に拡げてレンジにかけることで水分を減らしておけば、ちょっとは改善されるのだが、まだ不味い。

 卵の水分も多すぎるようだ。チャーハンにふわふわ卵は似合わない。
 電子レンジ調理だと、卵が固化する前にご飯と混ぜないといけないので、あらかじめ水分を飛ばしておくことができない。水分が大量の蒸気となって出てくるので、炒飯ではなく蒸し飯みたいになっている。

 あれこれやってると、結局は中華鍋でガンガン炒めた方が早いし簡単。後片付けの手間だって同じくらいだし。

2010年10月16日 (土)

安易に無線LANを載せるな

 最近、無線LAN機能を搭載する製品が増えてきている。一般家庭でも複数の無線LAN機器があることが珍しくなくなりつつある。だが、メーカーは無線LANを安易に考えすぎているように思う。

 ノートパソコンやスマートホン、タブレット端末など、あちこち持ち運ぶ機器はまぁいい。製品本来の機能として常時通信しっぱなしでなく、ふだん使っている感覚からしても通信速度が大幅に変動してたところで許容範囲だと思うだろう。

 プリンタはちょっと微妙だと思うのだが、これも常時通信するわけでなし、多少通信速度が落ちてもプリントアウトにちょっと時間がかかるだけで、製品の機能として致命的な問題は発生しないだろう。たぶん。

 テレビは、EPGで番組情報を取ってきたりブラウザでインターネットのWebページを見るくらいならかまわなかったのだが、最近DLNAでネットワーク越しにHDの録画を見る機能を持ったものが出てきている。そういうのは無線LANはダメだろう。
 HDの動画を無線LAN接続で見ることは、設置や使い方に気をつければ問題が出ないようにすることは可能だが、無線LANで通信する機器が増えてくるとそれも困難になる。無線LANで使えたらラッキー、という程度のものだが、メーカーにはそこまでユーザを啓蒙する覚悟はあるのか。

 NASは、かなり問題だと思う。HDDをネットワーク越しにアクセスする以上、ローカルなHDDに比べて性能が低下するのは仕方ないのだが、それにしても同じ家の中というローカルに近い場所にあるし、そもそもHDDであるので、速度低下には許容範囲というものがあるだろう。

 携帯電話の通信速度向上でも同様だが、規格上の最大スペックだけ見て、実際の利用環境を理解もせずに無茶な商品企画を考えてんじゃないのか?

 どこかで使うかもしれんので、無線LANの速度低下の問題を簡単に整理しておく。

 同じチャンネルを使う複数の無線LAN機器が同時に通信しようとすると、無線の信号が干渉して通信失敗となり、適当な時間をおいて再送信が行われる。無線LAN機器が増えれば失敗の可能性は掛け算で高くなり、通信速度が劇的に低下する。

 300Mbpsとかいう高速の無線LANルータであっても、離れた部屋からアクセスすると10Mbpsくらいしか出ないこともあるのだが、この場合300Mbpsのうちの10Mbpsしか使ってないということにはならなくて、無線LANルータの方はめいっぱい通信していることになってしまう。通信条件の悪いところで無理して使う端末は、無線LAN全体の通信速度を大幅に低下させる。

 隣近所で無線LANを使っていて、チャンネルに空きが無くて同じか近接した通信チャンネルを使ってしまっていることは珍しくない。相手の電波が弱ければ通信そのものはそこそこのスピードでできてしまうだろうが、どれほど相手の電波が弱くても自分のところの通信に対してノイズになる事は変わりなくて、どうしても通信速度の低下は避けられない。アパートやマンションなどの集合住宅に限らず、戸建て住宅でも隣の家が近い大都市では問題になる。

 無線LANを搭載した製品が増えてくると、こういった問題が束になって押し寄せてきて通信速度の低下を引き起こす。高速通信を確保することは、どんどん難しくなる。

 無線LANに対してそれなりに覚悟のある人が使っていたときにはよかったのだが、こうも何でもかんでも無線LANを搭載するようになると、速度の出ないことにクレームをつける人が増えてくる。あきらめましょう、そういうもんです、で済ませられればいいのだが・・・

2010年10月13日 (水)

味付け海苔が嫌い

 法事の引き出物で、大量の味付け海苔をもらってきた。この味付け海苔というのが苦手だ。べとべとして甘ったるい味がして、海苔の香りも味も台無しになっている。

 ふだん味付け海苔を食べるのは旅館の朝食に付いてきたりしたときくらいで、食べ物を捨てることができない性分なのでしかたなく食べている。およそ味付け海苔を自分で買ったことが無い。海苔の香りと味わいを楽しむなら、絶対に焼き海苔だ。

 などと今は言ってるのだが、子供の頃は味付け海苔の方が好きで、焼き海苔の存在理由が分からなかったりしたものだ。いつ好みが変わったのか分からないのだが、成人した頃だと思う。ただ、今のように味や香りに敏感になったのは、タバコを止めて何年かしてからだ。海苔に限らず、食べ物すべてに影響があった。

 どうということは無いハナシだが、タバコの大幅値上げとたまたま法事で味付け海苔をたくさんもらったので、ちょっと思い出した。

2010年10月 7日 (木)

CEATECでUQ WiMAXが330MbpsのWiMAX2を動態展示

 CEATECで見てきて、アホくさと思っていたのだが、報道されているので気にかかる。

 展示には、理論的に計算される通信速度に近い値が実際に出ますよ、という程度の意味しか無くて、極めて特殊な条件下でのデモなので、実際のサービスでは良くても10Mbps程度に留まることだろう。基地局の整備に十分な投資をしなければ、2Mbpsがいいところだろう。

 たとえ実験にすぎないとはいえ、一般消費者を意識したCEATECの様な場で、UQ WiMAXのようなキャリア(通信事業者)が大々的に展示したのでは、一般向けにそんなサービスが将来始まると誤解する人が出てくるだろう。

 そのくらいのことは十分予想されるというのに、敢えて展示してしまう品の無さはどうしたことだろう。自転車操業している某キャリアならともかく、KDDI系列のUQ WiMAXがやるとは。大丈夫かUQ。

 それにしても、WiMAXってのはつくづく不遇だ。北米で手がけていたSprint Nextelは経営問題で開始が何年も遅れた挙げ句に Clearwire という別会社として放り出してしまった。LTEが本格化するまでは無線ブロードバンドの市場はWiMAXの独占で我が世の春になるはずだったのに、スマートホンの爆発的普及でLTEの開始が世界的に加速しそうで、このままだと投資の回収も危うい。南無~。

スマートホン:標準搭載アプリの確立が普及の鍵

 docomo/Samsung の GALAXY S の紹介記事

 追加アプリケーションを入手する手段である「マーケット」に言及しているところの後半に、
「そうした心配をする必要がないくらい、豊富なアプリケーションが標準で用意されている」
という一文があるが、これは結構本質的なところに触れているように思う。

 パソコンにしても、いつまでサポートされているか分からなかったり素性が不確かだったりするアプリケーションを後から追加するのは面倒だ。
 パソコンがここまで普及したことの一因に、Webブラウザが搭載されて一般ユーザにとってパソコンの使い方のイメージが確立したことがあると思う。
 ブラウザ以外でも、CDやDVDを焼いたり、音楽やデジカメの写真を管理するのにも、パソコンではお決まりの手順のようなものができあがっていて、ユーザにとってどう使うかのイメージが存在する。

 スマートホンでも同じような状態になる事が必要だと思う。まだ製品が出始めたところなので、そういったお決まりの使い方のイメージというのが存在しない状態だが、今後プリインストールソフトで試行錯誤が行われ、定番が揃っていくことだろう。
 そうなったことで、初めて一般ユーザにも受け入れられて、パソコンのように当たり前の道具になる。ユーザにとっては、アプリケーションとセットになった端末が見えるだけで、プラットホームが Android かどうかはメーカにとっては重要だろうが、ユーザにとってはたいして意味が無くなる。

 そうなったときに、「マーケット」はどうなるか。個人的には、それが本格的なビジネスとして存在していることはないと予想している。

2010年10月 6日 (水)

CEATEC行ってきた

 予想以上につまらなかった。展示内容に新しいものが無く、展示規模も小さくなっている。

 目立ったのは、3Dにスマートホンにスレート端末。それと消費者視点では意味不明のスマートグリッド。どれも、わざわざ展示するほどのものでなし。

 3Dは、コンテンツが失速してるのに、端末だけむりやり盛り上げてるような。カネかけて作っちまったし他に作ってなかったから仕方なく出してるんじゃないのか。裸眼立体視とかプロジェクタとか、多少のひねりはあるものの、3D自体がどうでもいいので興味なし。

 スマートホンは黒山の人だかりだったが、一般ユーザ目線だと単に新しい端末が出ましたってだけ。本質的に何か新しい提案があるわけでなし。
 Android au なんて、プラットホームであって裏方であるべき Android を最前面に押し出してる時点でダメダメ。自分の主張は無いのか。

 スレート端末は、シャープの GARAPAGOS とか docomo/Samsung の GALAXY Tab とか目新しくはあったものの、実際に自分で持つことを考えると、やはり生活の中でハマるところが無い。なんか期待するものが無くてワクワクしない。

 スマートグリッドなんて、エコキャップと同じくらいうさんくさい。そんなもん、一般消費者に意識させるようなもんでも無かろう。

 部品展示のデバイスゾーンは、中国、台湾、韓国のブースが多い。と言うより、不況で国内企業の展示が減ったのを中台韓で穴埋めしてるような。かなり寂しい。

 この程度のものしか見せられないのは、不景気だけが理由ではないだろう。このままなら、CEATECなんてやめた方がマシだと思う。

CEATEC、行くか行かないか

 仕事柄、見とかないわけには行かないんだが、どうするかな。

 ニュースだけ見てると、3Dとスマートホンばかりが強調されてて、去年にもましてつまらなさそうだし。

 中身が無いことを実地に検証しに行くのも仕事のうちってか。

2010年10月 4日 (月)

PanasonicがBS朝日で3D番組を提供

 平日の夜中に10分間の3D音楽番組を、パナソニック自身が制作して放送するそうだ。

 3Dテレビを大々的に売り出しているものの、実際に視聴できるコンテンツがあまりにも少ないので無意味な機能になっていたものを、製品を売っているテレビメーカーの責任として少しでも改善しようとする努力か。それにしても、たった10分とはケチくさい。焼け石に水だ。

 出演予定の歌手のリストからすると、ターゲットは50歳くらいではないだろうか。3Dテレビで想定されている購買層ってのは、そんなもんなのか?
 カネは持ってるかもしれんけど、3Dにはそんなに関心は無いと思うけどな。少なくともこれだけで3Dテレビを買おうという気にはならんのじゃないだろうか。あるいは、店頭デモ用のコンテンツ制作を兼ねているのか。

 テレビメーカー必死だな、というほどもカネはかかってないか。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »