2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« 携帯電話向けマルチメディア放送 | トップページ | ベーコン、ハム仕込み »

2010年9月12日 (日)

「光の道」で思い出した固定電話の光収容

 光の道の議論で、固定電話の光収容に関する展示をNTTのつくばフォーラムで見たのを思いだした。

 つくばフォーラムというのは、開催場所がNTTアクセスサービス研究所となっていることから分かる通り、NTT東西のアクセス網に関わる展示が中心で、最近ではFTTHサービス関連の展示テーマが多い。NTT東西のアクセス網関連の現在と次の姿を見ることができるので、好きな人にはとても面白い。

 この展示会で、メタルの固定電話をFTTHのアクセス網に収容する展示を見たのは、もう3年くらい前だったように思う。技術的には電柱などに変換ボックスを設置して、メタル電話の信号を光ファイバに変換するというあたりまえのものだったのだが、線路設備の設計などのシステムまで含む実際的な内容だったので、すぐにでも光への収容換えが始まるのかと思っていたが、その後は気配すらなく展示も無くなってしまった。

 交換機部分はどうだったか分からないが、少なくともアクセス網部分については、メタル固定電話を光ファイバに収容する手段がまじめに検討されていたのではないかと思う。何があったかは想像すらできないのだが、今回の光の道の議論で出てきたら面白い。
 ちょっと昔話をしてみた、ということで。

« 携帯電話向けマルチメディア放送 | トップページ | ベーコン、ハム仕込み »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/49427768

この記事へのトラックバック一覧です: 「光の道」で思い出した固定電話の光収容:

« 携帯電話向けマルチメディア放送 | トップページ | ベーコン、ハム仕込み »