2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« スカパー!が2番組同時録画対応HDD内蔵チューナを発表 | トップページ | Google TV »

2010年9月15日 (水)

総務省がタブレットPCを生徒に配布して実証実験

 総務省のフューチャースクール実証実験で、10校を選んで全生徒にタブレットPCを配布して実証実験を行うそうだ。効果を確認するための実験なので、まぁけっこうなことだと思う。

 関連して思い出すのが、「光の道」構想に呼応した孫社長のプレゼンにあった電子教科書。こっちの方は、実際にどれほどの効果があるか分からないのに国費を投じて電子教科書をやれというのだから、そもそもがうさんくさい。

 最近、「光の道」に刺激されたのか、電子教科書にすると子供がアホになるとかいう主張が散見されるようになったが、さすがにそれに同意することはできない。少なくとも調べものの作業効率を大幅に向上できることは間違いないと思う。だが、それは底上げには多少役に立つかもしれないが、さらに上に伸ばすことについては期待できないだろう。

 総務省が「光の道」構想に対する再意見募集をしていて、総務省自身の不手際で個人情報を漏らすというお粗末な事故を起こしたために、今は提出された意見の内容を見ることができないのだが、個人から提出された意見で多かったのが、「孫社長の意見に同意します」とだけ書かれたような意見書。

 孫社長のプレゼンの裏付けとなる計算については、疑問とする意見が多く出されているし、検証が必要なことは孫社長自身も認めていること。そういったいきさつは誰もが知っているはずなのに、そこをすっとばして単純に「同意します」はなかろうよ。

 なんだか、小学校の授業なんかで、だれかが意見を発表したあとで他の子が「同じで~す」とか「いいと思いま~す」とか言っている風景を思い出すが、あれと同じではないか。小学生ならいいが、社会人じゃ許されない。

 そういった付和雷同で無価値な意見が並んでいるのを見ていると、現在の教育に問題がありそうなことは切実に感じられる。だが、電子教科書を導入したからといって、さらにアホになるという感じはしない。もちろん、アホが減る感じもしないのだが。

« スカパー!が2番組同時録画対応HDD内蔵チューナを発表 | トップページ | Google TV »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/49460778

この記事へのトラックバック一覧です: 総務省がタブレットPCを生徒に配布して実証実験:

« スカパー!が2番組同時録画対応HDD内蔵チューナを発表 | トップページ | Google TV »