2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« NTTは光インフラの具体的な活用計画を示すべき | トップページ | Skypeが今さら株式公開 »

2010年8月 8日 (日)

食べるラー油はアブラがうまい

 流行りものは試してみなくては、ということで、食べるラー油の類をいろいろ食べてみた。

 具や味付けは様々だが、結局の所はアブラによる原始的な旨さが共通している。マグロの大トロやバラ肉で作ったベリーハムの旨さと同じもの。味わいとか関係なく、ただ口に含むと口の中の感覚器が喜ぶという感じ。アブラそのものには味が無いので、塩、醤油、味噌、砂糖、グルタミン酸などで味をつけてあるというところ。味わうというものではないので、ごはんにからませて一気に掻き込むという食べ方がよく似合う。

 似たような旨さを感じる食品は、ラー油漬けのタケノコというのが昔からある。「辣油香筍」で検索すると引っかかってくるこんなのとか。これは、スーパーなどでも類似製品が普通に売られている。メンマの味も当然あるのだが、調味料で強烈に味付けされた油がごはんにからむとうまいのは食べるラー油と同じ。

 というわけで、食べるラー油という製品にはとりたてて新しいところは感じない。これはこれであってもいいかな、と言う程度だと思う。

« NTTは光インフラの具体的な活用計画を示すべき | トップページ | Skypeが今さら株式公開 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/49094064

この記事へのトラックバック一覧です: 食べるラー油はアブラがうまい:

« NTTは光インフラの具体的な活用計画を示すべき | トップページ | Skypeが今さら株式公開 »