2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 「光回線100%なら、NTTを自由に」・・・まるで小学生の口論 | トップページ | 議員定数削減は民主党の目先のごまかしの一つ »

2010年8月 2日 (月)

電子教科書とか電子カルテとか : まず疑え

 電子教科書とか電子カルテとかをむりやり普及させたら、それだけで何かすごいことができそうな幻想をふりまこうとする人がいる件。あまりにもつまらないので、あらためてリンクを張る気にもならない。

 どちらも単なる道具の一つにしかすぎない。道具を活用できるだけの仕組みというかシステムを構築して運用していくことの方が、はるかに大きな費用がかかるというのに、端末の配布にはわずかな費用しかかかりませんという甘言に釣られる人が多すぎではないのか。

 うますぎる話は疑ってかかるのが常識だろう。自ら他の情報源にあたってみて、裏付けが得られるかどうかを確認すべきだ。主張も裏付けデータも相手の提供したものを丸呑みして、ただ賞賛するのみの態度は無責任として責められるべき。
 そんな人があまりにも多いことを見ていると、今の教育に問題があることは確かだとは思うが。

 教育の話で言うと、必要なのは自分の頭で考えて真実を見極めていく姿勢を身につけることが本質だ。電子教科書は、様々な情報源を効率よく参照することには役に立つが、あくまで補助的な道具でしかない。そんなものだけで、教育が画期的に変わったりはしない。

 疑うことの初歩的な練習問題として、ソフトバンクの基地局倍増宣言はどうだろう。基地局の設置状況やカバーエリアの詳細は、インターネットでいくらでも調べられる。設備投資額は財務情報から調べられるしドコモやKDDIの数字と比較することで実現性を評価することもできる。中学生の夏休みの自由研究としていかが?

« 「光回線100%なら、NTTを自由に」・・・まるで小学生の口論 | トップページ | 議員定数削減は民主党の目先のごまかしの一つ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/49042001

この記事へのトラックバック一覧です: 電子教科書とか電子カルテとか : まず疑え:

« 「光回線100%なら、NTTを自由に」・・・まるで小学生の口論 | トップページ | 議員定数削減は民主党の目先のごまかしの一つ »