2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ
フォト

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月25日 (日)

「光回線100%なら、NTTを自由に」・・・まるで小学生の口論

 総務大臣である原口氏の発言。原口氏の個人的な主張に過ぎない「光ブロードバンド普及100%」をNTTが達成したら、その株式の3分の1を国が保有しているNTTを自由にすると発言したとのこと。

 光ブロードバンドを具体的にどう活用していくかということに関しては説得力のある構想がないまま、巨額の設備投資が必要な「光ブロードバンド普及100%」をごり押しするところは、派手な題目だけ打ち上げて国民の耳目を集められればいいという浅はかな考えによるものではないのか。

 設備投資が無駄になれば、NTTの企業価値が損なわれる。国が保有するNTTの株式の資産価値が低下することで、国民に新たな巨額の負債を押しつけることになる。そんなことを原口氏の個人的な考えだけで推し進めていいのか。

 だいたいが、国の重要なインフラを握っているNTTに対して、安易に「自由にする」と発言する考え方が意味不明だ。たとえ国が保有している株式をすべて手放したとしても、国の安全や発展に関わる企業に対しては国による規制や監督が不可欠であって、「自由にする」なんてありえない。

 いじめっ子が「オレの宿題ぜんぶやったら、今日は殴らないでいてやってもいいぞ」と言ってるのと何ら変わりないレベル。民主党ってこんなのばっかかよ。

2010年7月17日 (土)

温水洗浄便座の塗装浮き

 パナソニックの温水洗浄便座を使っているのだが、便座の塗装が浮いてきた。

 DL-GZ40という機種で、使うときだけ便座を温める省エネ機能がウリの一つになっている。瞬間的に便座を温めるために、熱の伝わりやすいアルミ合金で便座を作った初めての機種だが、どうやら初物で塗装をしくじったらしい。

 写真で見ると分かりにくいのだが、ヤケドの水ぶくれのように塗装が膨らんでいる。同様の状態が、広い面積にわたって何カ所にも発生している。地金の部分にサビでも出てきているのか。

P1010223

 こっちなんか、噴火口みたいだ。尖っているのと塗装がかなり固いのとで、便座に座るとモモの裏側にチクチクと刺激がある。

P1010222

 購入してちょうど2年。塗装なんて、ふつうに使ってれば10年は持つものだから、腐蝕するにはあまりにも早すぎる。さて、どうしてくれようか。

[8/9追記]
 7/20にパナのサポートセンターに修理依頼。7/23に便座を交換に来たのだが、部品が間違っていたとかで、再発注して入荷次第再訪問してもらうことになった。その後連絡無し。
 サポート窓口に電話で確認してみたら、部品の入荷待ちとのこと。いまどき倉庫から部品を移すだけのことに2週間以上もかかるのはおかしい。単なるパナのミスか、何かトラブルでも抱えているのか。不良が多すぎて部品在庫が尽きてしまったのなら面白いぞ。

[8/10追記]
 サポートセンターから交換に来た。便座を無償交換。購入から2年程度と短いこと。便座のような壊れにくい部位で使い方に問題がない状態で発生したことなどから、無償修理となったらしい。問題の便座については、工場に送って調べるとのことで、回収となった。修理が有料だったら、部品は返さずに自分で切り刻んで調べてみるつもりだったが、無料だったのでこれまでとしておく。

2010年7月13日 (火)

インターネット経由の動画視聴が減っている?

 米国の話だが、この記事によると、インターネット経由での動画の視聴が減ってきているらしい。録画機でタイムシフト視聴する時間が増えているが、そのせいでネット経由で見る需要が減ったのかもしれない。CATVチューナに録画機能が搭載されているものが一般的になってきているので、それで足りているということか。

 YoutubeにしろHuluにしろ、インターネットを利用した映像配信サービスというのはろくに商売になっていない。収益基盤の確立しているケーブルテレビ事業者と競争になれば、まともにやって勝つことは難しいだろう。
 他方、ケーブルテレビ事業者によるネット配信サービスというのもあるが、ユーザ側に追加費用を払う意志も経済的余裕も無いのだから、こっちもたいして発展は期待できない。

 ネットによる映像配信に大きなビジネスチャンスがあるという幻想は、いいかげん捨て去った方がいいだろう。

ネットTVが反撃の手段になるのか?

 ソニーが、正面からぶつかったのでは Samsungなど韓国メーカーにはかなわないので、「ネットTV」で対抗しようという日経ビジネスの記事

 規模がどうこう言っているが、米国ではファブレスメーカーのVizioが一気にシェア首位に躍り出たりしてるのだから、そっち方面の競争を避けることの理由になってない。

 ネットTVで何をするのかと思ったら、「映画やテレビ番組、音楽ビデオ、投稿ビデオ」で、まったく新しさが無い。ネットからの映像配信は、これまでいろいろなサービスがあったが、商売として成功したところは皆無で、どうやらこの方向ではビジネスにならないことが共通認識になりつつあるのに、なんでまた映像系の配信サービスなんか持ち出すかね。

 Google TVについて、「購入者のほとんどはネットを利用するだろう」というのも滑稽だ。テレビで必要とされていない高性能のCPUを載せて、普通のテレビよりも大幅に高い値段をつけるのだから、そんなものを買うユーザは、自分の浪費を正当化するために何が何でもネットに接続することだろう。
 問題なのは購入者がネットを利用するかどうかじゃなくて、ビジネスとして意味のあるくらい多数の購入者がいるかどうかだ。少なくとも「映画やテレビ番組、音楽ビデオ、投稿ビデオ」程度のものを見るのに普通のテレビ以上の金を取れるとは思えない。だいたいが、SamsungやVizioのテレビだって、ネット接続機能のあるものはいくらでも出ているし、「映画やテレビ番組、音楽ビデオ、投稿ビデオ」を見る機能は、とうの昔に製品に搭載されている。

 ひょっとしたら何か隠し球があるのかもしれないが、この記事の範囲では失敗の繰り返しになるとしか考えられない。

2010年7月 4日 (日)

ゆうパック 現在平均時速2km

 30時間経過して依然として配達局へ輸送中。平均時速2km。

 子供が歩くのより遅い。さらに幼児退行するか?

2010年7月 3日 (土)

ゆうパックは歩くより遅い

 Amzonの荷物が東京東端の受け付け局から配達局に向けて発送されてから、21時間が経過する。Webで荷物のトレースをすると、いまだに配達局に輸送中と出る。

 局間の道のりは約60kmなので、平均時速は3kmにもとどかない。はやりのエコで、大八車にでも積んで運んでいるのだろう。暑いのにご苦労なこって。

Amazonの配達が遅い・・・ゆうパックのしくじりかっ!

 Amazonで7月1日の夜に在庫があることを確認して注文したのだが、発送が7月3日、到着予定が7月5日と、いつもの注文に比べるとめちゃくちゃ遅れている。ふだんなら、7月3日には到着しているはずなのに、ようやく発送とは。

 おかしいと思って配送業者を確認したら、JPExpress、ゆうパックだ。すでにニュースになっているが、7月1日からのペリカン便の吸収によって、集配作業が混乱しているらしい。まさにドンピシャのタイミングではまってしまったわけだ。

 郵政問題でゴタゴタがあったとはいえ、ツケをユーザに回すような結果になったのは、あまりにもお粗末だ。荷物の引き受けを減らすという選択肢もあっただろうに。まだまだお役所体質は変わっていないようだ。個々の担当者を見れば、頑張っている人も多いんだけどねぇ。

 とりあえずAmazonには苦情入れとく。

コミュファ光が483円/月で地デジ、BS再送信を開始

 コミュファ光は、根性無しの中部電力のサービスをKDDIが2008年に買収したものだが、波長多重によるテレビ放送の再送信サービスを開始するとのこと。

 方式自体はNTTのフレッツ・テレビと同じだが、名称は「コミュファ光テレビ」。似た名前のNTTぷららの「ひかりTV」はIP方式だったりして、紛らわしいったらありゃしない。

 月額料金は483円と、フレッツ・テレビの682.5円より3割安い。提供エリアが東海3県の一部のみというローカルサービスなので、対抗でNTTが値下げしてくれるのは期待薄だな。

 8月1日受け付けで10月1日開始。アナログ停波まで残り時間が少ないからかアナログ放送は無し。いいけど、アナログテレビ持ってる世帯は、ちょっと迷うか?  
 それはいいとして、地デジとBSデジタルのみでCS無しってのはどうかな? テレビとか録画機は3波対応のものが多いというのに、有料放送を見たい世帯はターゲット外か。あ、対象が戸建て住宅のみで集合住宅は無しというのは、CSが無いからか。
 あれ、そういえばFMラジオ放送も無いぞ。提供エリアが狭くて放送アンテナ近くだから必要無いってことか?

 んー、値段見たときにはなかなか攻撃的と思ったのだが、なんだか微妙な内容のサービスだな。ほんとにオマケと割り切ったって感じ。

2010年7月 2日 (金)

塩ビのカバーでパスポートの写真が消えた!

 更新のため、数年使っていなかったパスポートを引っ張り出してみて驚いた。パスポートの写真が薄れて、人物の識別ができないくらいにボケボケになってしまっている。

 表紙の感触が少し柔らかくなっているので、つけたままにしてあった安物の塩ビ(PVC)製パスポートカバーから可塑剤が移行したらしい。写真が消えかかったのも、可塑剤の影響だと思われる。

 パスポート更新の窓口で聞いたら、新しいパスポートではICメモリに写真データも入っているから大丈夫ではないかと言われたのだが、日本の入出国窓口ならともかく、データを読み出す機器がどこにでもあるわけでなし、やっぱりまずいだろう。

 実際の画像はこうなっている。デジカメで撮影して、何も加工していない。

Passport

 どう考えても入国許されないよね。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »