2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« IP放送の加入者数が695,000って、ひかりTVは? | トップページ | UQ WiMAX 基地局 »

2010年6月 7日 (月)

光ネクストのひかり電話ルータで通話中のメディアの変更が可能に

 ぜんぜん気がつかなかったのだが、フレッツ光ネクストのひかり電話ルータのファームウェアがバージョンアップされた中に、面白い機能があった。

 機能追加内容として、「通話中の相手先からのメディア変更機能を追加しました」とある。

 取り扱い説明書を見ると、PC用のひかり電話ソフトなどで、音声通話中にファイル転送などのデータ通信や、映像の送受信を開始するためのものということ。

 技術的なことは何も書いてないが、ひかり電話で通話中に SIP の re-INVITE を使って、メディアタイプの変更をするものだろう。電話の音声ストリームに、データや映像のストリームを必要になったときに追加することができる。

 データや映像の通信を追加すると電話代がひかり電話の2倍になるので、必要なときだけメディアの変更をするというのは理にかなっているとは思う。だが、そもそもベストエフォートクラスを使えるようにしてくれればタダで済ませられるのだから、まだまだ努力が足りないと言うべきか。

 とはいうものの、SIPを使って通信中のセッションを制御するような一般向けのアプリケーションとしてはNTTでは初めてのものだし、少しはNGNらしくなってきたということで、とりあえずは歓迎しておく。使わないだろうけどね。こんな小改良より、ベストエフォートクラスを含めたプラットホームそのものを、さっさと解放して欲しいもんで。

« IP放送の加入者数が695,000って、ひかりTVは? | トップページ | UQ WiMAX 基地局 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/48571174

この記事へのトラックバック一覧です: 光ネクストのひかり電話ルータで通話中のメディアの変更が可能に:

« IP放送の加入者数が695,000って、ひかりTVは? | トップページ | UQ WiMAX 基地局 »