2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« 「光の道」で孫社長と佐々木俊尚氏がUstream対談 | トップページ | ネットでのビデオ視聴がDVDを超える »

2010年5月19日 (水)

ドコモが BuffaloのモバイルWiFiルーターを販売・・・NTT東西との関係は?

 iPadの獲得がうまくいかなかったドコモが、BuffaloのモバイルWiFiルータを販売するとのこと。

 iPadにSIMロックをかけさせたソフトバンクだが、このルータがあればドコモのネットワークでiPadが使えることになる。大丈夫かソフトバンク?

 とかいう最近の話題が気になったのではなく、ドコモとNTT東西との関係が気になった。
 上の記事にあるルータは、先日発表されたNTT東日本の決算の参考資料の中に「光ポータブル」として出てきている

 このモバイル無線LANルータはBuffaloとNTT-BPとの協力で製品化されているが、もともとはNTTの中で開発されていた。NTT東西の展示会でしか見たことがなかったので、どちらかというとフレッツ光の拡販目的のものかと思っていたのだが、ドコモから販売するとはね。

 たぶん、NTT東西からも販売されるんじゃないかと思うんだが、気になるのはサービスのパッケージング。フレッツ光とドコモをいっしょに契約すると、割引額が大きくなったりするんだろうか? この組み合わせは、市場シェアとしても大きいだろうし、ユーザとしても当然期待するだろうが、NTTであるが故に実現は難しいだろう。ソフトバンクやKDDIなら許されることが、NTTだと許されない。競争環境の維持のためには必要な措置なのかもしれないが、本当にユーザのためになっているんだろうかと疑問を持ってしまう。

 NTTグループの問題は野次馬的な興味としておいといて、固定網と携帯電話網との連携が本格化する契機となるかもということで注目しておきたい。

« 「光の道」で孫社長と佐々木俊尚氏がUstream対談 | トップページ | ネットでのビデオ視聴がDVDを超える »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/48403988

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモが BuffaloのモバイルWiFiルーターを販売・・・NTT東西との関係は?:

« 「光の道」で孫社長と佐々木俊尚氏がUstream対談 | トップページ | ネットでのビデオ視聴がDVDを超える »