2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ
フォト

« FTTHが月額1,400円でできる?・・・たわごともほどほどに | トップページ | ウイルスバスター2010でLAN接続のエプソンプリンタに印刷できなくなる »

2010年4月27日 (火)

KDDIの言う「各国ブロードバンド市場の状況」

 前の記事では総務省ICTタスクフォースでのソフトバンクのプレゼン資料をネタにしたが、他の資料もいろいろとツッコミどころがある。

 たとえばKDDIの資料。19ページに「各国ブロードバンド市場の状況」というスライドがある。これは、論拠とするにはかなりいい加減なデータだ。

 米国で言うと、そもそも電話線を使ったxDSLよりCATVの方がブロードバンドのシェアは大きい。CATVは、4大ケーブル会社などと言うことがあるが、Comcastのシェアが圧倒的だ。しかも、CATVというのは歴史的に地域独占が認められていたので、そもそも競争なんて無いみたいなもの。

 英独仏とオーストラリアはxDSLのデータしか無いのだが、どの国もFTTHの整備を進める政策を取ろうとしている。しかも、設備投資を促進するインセンティブとしてある程度の独占を認める方向にある。

 ということで、このスライドはもっともらしく見えるが、実際の所は事情を知らない素人をだますためのものでしかない。こんなのが一ヶ所あるだけで、資料全体が嘘くさくなる。

 営利企業である以上、我田引水は当然のことかもしれないが、日本のためと言いたいのなら、もう少しストーリーを磨いてきて欲しいものだ。

« FTTHが月額1,400円でできる?・・・たわごともほどほどに | トップページ | ウイルスバスター2010でLAN接続のエプソンプリンタに印刷できなくなる »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/48193303

この記事へのトラックバック一覧です: KDDIの言う「各国ブロードバンド市場の状況」:

« FTTHが月額1,400円でできる?・・・たわごともほどほどに | トップページ | ウイルスバスター2010でLAN接続のエプソンプリンタに印刷できなくなる »