2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 常識をくつがえすドコモのフェムトセル | トップページ | NTT 光iフレーム・・・結局ナニに使えるの? »

2009年11月14日 (土)

PCの冷却を強化

 EPSON の Endeavor MR-3300 を使っているが、CPU を Pentium Dual-Core E2160 から Core 2 Quad Q9550 に交換、グラフィックスカードをオンボードの G35 から nVIDIA 9500 にしたところ、やはり発熱はかなり増えているようで、筐体が熱くなるのが気にかかる。

 最初、80mm のファンで外から吹き込んでやったのだが、冷却効果は十分だったものの、リビングで使っているPCなので、家族からうるさいと文句を言われて見直し。

 PCIカードスロットと、カードスロットに隣接する電源のあたりが熱くなるので、こもりがちな熱気を排出するために、背面のカードスロットから排気するファンを装着した。一つだと流量が心許ないので、2個購入。小型のPCなのでスロットに余裕が無く、隣接するスロットに入れることになったが、ファンの間隔は1cm弱のすきまがあり、エアフローとしては問題ない。

 PCを動かしてみたところ、ファンが吐き出すエアはまだ熱いのでさらに冷却する余地はあると思われるが、とりあえず筐体を外から触って熱さを感じることはなくなったし、HDDの温度も40度台前半になったのでよしとする。あとは来年の夏を迎えるあたりで見直すことにしよう。

追記(11/15): ウイルススキャンが始まったら、HDDの温度が50度になってしまった。急遽、手元にあった静音タイプの80mmファンを追加して外気を吹き込むようにした。静音タイプでも冷却は十分なようで、HDD温度は32度で安定している。

 それにしてもまぁ、こういった工夫をしないといけないってのが、PCはまだまだ一般の家電品とは言えないってところではある。いや、そもそもメインの部品を交換できるところがすでに異質か。

« 常識をくつがえすドコモのフェムトセル | トップページ | NTT 光iフレーム・・・結局ナニに使えるの? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/46763632

この記事へのトラックバック一覧です: PCの冷却を強化:

« 常識をくつがえすドコモのフェムトセル | トップページ | NTT 光iフレーム・・・結局ナニに使えるの? »