2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ
フォト

« 無線電源供給って使えるのか? | トップページ | CELL REGZA ? »

2009年10月 4日 (日)

ひかりTVは増えているか?

 一年に何度か行われているNTT持ち株会社の社長会見では、NTTグループの事業に関する情報が出てくるのだが、気になるのはひかりTVの契約者数。そろそろ中間決算の報告が行われる時期でもあるし、最新情報が聞けることだろう。

 前回8月の会見では、昨年度末に勢いよく伸びていたひかりTVの契約者数に不調を来していることを思わせる発言があった。はたして、どこまで回復、あるいは成長していることだろうか。

 これに関連して、最近おもしろい資料が発表されている。多チャンネル放送研究所というところが、多チャンネル放送サービスの市場状況について調査した結果をまとめたものだ。CATVやひかりTVなどの多チャンネル放送サービスに対して個々のチャンネルを提供している業者にアンケートを採った結果に基づいていて、この分野に興味を持っていれば非常におもしろいと思うであろう数字が並んでいる。

 ひかりTVに関しては、IPTVの加入者数予測というのが関係する。アンケートの回答結果を見ると、2012年時点での現実的な予測数値として、75万加入というのが多いのだが、割合としては、さらに低いところが多い結果となっている。これをどう見るのか。

 ひかりTVは、ニュースなどによると今年の4月頃には50万を超えたはず。しかも、50万に至る前の半年ほどは、毎月4万近くの増加があったことになっていて、採算がとれると称している100万契約には、2009年度中に届くかと言うくらいの勢いであった。
 IPTVとしては、これにYahoo!やKDDIなどのサービスが加わるはずで、まともに考えるのなら現時点でも75万に近いところにあるのではないかと思うのだが、2年以上先の2012年度末で75万程度とは、いったいどういうことだろうか(もちろん半分皮肉だが)。

 この調査結果は、各チャンネルを提供している業者(アニマックスとか)が、番組を提供している先のCATVやスカパー!、IPTVなどにどのくらいの売り上げを見込んでいるかというもので、それぞれのサービスのこれまでの加入者数の推移を踏まえたうえでの回答が行われているものと思われる。報告書の全体の印象としても、かなり真面目なものだという感じがある。そうだとすると、ひかりTVの状況も厳しそうだと考えざるを得ないと思うのだが・・・などと考えていると、次回のNTT社長会見が待ち遠しくてしかたなくならないか?
 ひょっとしたら、ひかりTVサービスについてはスルーされるかもしれないが、会見に参加される記者諸氏には、ぜひとも突っ込んでおいてもらいたいところだ。

« 無線電源供給って使えるのか? | トップページ | CELL REGZA ? »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/46395912

この記事へのトラックバック一覧です: ひかりTVは増えているか?:

« 無線電源供給って使えるのか? | トップページ | CELL REGZA ? »