2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

« 電子アルバムの標準規格は無いのか? | トップページ | NTT-NGNのIPv6ネイティブ接続で期待されること »

2009年8月 8日 (土)

NTT-NGNのIPv6インターネット接続サービスが認可に

 いろいろとハナシのタネにしてきたNTT-NGNのIPv6インターネットサービスに対して、総務省から認可するとの発表がされている。

 NTT東西から出された変更案に対する意見はすでに公開されていたが、あらためてまとめられたものを見てみると、いろいろと面白い。
 個人的には、中小のISPが懸念を表しているのに対してNECビッグローブが肯定的な意見を出しているのが想像を刺激する。NTT関係企業であるNECの立場ではなく、代表ISPとして参加できる見通しが立っていて、ネイティブ方式でできる事業を具体的に検討していて、大きなビジネスチャンスととらえていたりしないだろうか、とか。

 ビッグローブは今年5月にニフティおよびIIJとの協力を発表している。代表ISPの選択は、代表ISPに接続するISPの契約者数の合計の多い順になるが、代表ISP自身の契約者数は除外することになっている。したがって、個人契約者数の少ないIIJが代表ISPになり、そこにビッグローブとニフティがぶら下がるのだろう。
 NTT系のOCN/ぷららは同じグループになるだろうが、代表ISPはInfosphereあたりを引き込むのだろうか。
 この2グループで国内ブロードバンドユーザの半分、フレッツユーザの3分の2くらいになるのではないか。
 残る一つの席はどこだろうか。フレッツを利用しているめぼしいISPはSo-netくらいしか残っていないのだが。代表ISP自身は経営がしっかりしていれば契約者数は少ない方がいいだろうから、現在フレッツに対応しているISPでなくてもいい。たとえばYahoo!BBが入ってきたりしたら面白いのだが。

 ネットワークサービスは、規模がモノを言うことが多い。NTT東西の実際のサービスが始まるのは2011年度になるから、それに向けてISPの合従連衡が始まることだろう。

« 電子アルバムの標準規格は無いのか? | トップページ | NTT-NGNのIPv6ネイティブ接続で期待されること »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215855/45865931

この記事へのトラックバック一覧です: NTT-NGNのIPv6インターネット接続サービスが認可に:

« 電子アルバムの標準規格は無いのか? | トップページ | NTT-NGNのIPv6ネイティブ接続で期待されること »